トヨタ、「ウィッシュ」をマイナーチェンジ

2012.04.09 自動車ニュース

トヨタ、「ウィッシュ」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2012年4月9日、3列シートミニバン「ウィッシュ」をマイナーチェンジし、発売した。

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠変更や内装の質感向上に加え、燃費の向上が図られた。また、1.8リッターモデルに、エアロ仕様「1.8S」の装備を簡素化した「1.8A」と、5ナンバーモデルに本革巻きステアリングホイールなどを与えた「1.8G」が新たにラインナップされたこともニュース。

具体的には、エクステリアでは、ラジエーターグリル、バックドアガーニッシュの意匠を変更するとともに、LEDリアコンビネーションランプ、サイドターンランプ付きドアミラーを採用。また、グレードにより、新意匠のエアロバンパー、ブラック塗装に切削光輝加工を施したアルミホイール、フロントフォグランプにめっき加飾を施すなど、スポーティーなイメージとしたという。

インテリアは、センタークラスターとパワーウィンドウスイッチベース(1.8S、1.8G、2.0Z)にカーボン調加飾を採用したほか、グレードごとに専用のシート表皮とメーター色を設定した。
さらに、「2.0Z」「1.8S」には、コーナリング中の不要なシフトアップを抑制する「G AI-SHIFT」付きのCVTスポーツモードが採用される。

またエンジンなどの改良により、JC08モード燃費は、1.8リッターFF車で15.8km/リッター、1.8リッター4WD車および2.0リッター車で14.4km/リッターとなった。これにより全車で「平成27年度燃費基準」を達成し、これまでの「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、エコカー減税とグリーン税制の対象となった。

ボディーカラーは、新色のオレンジメタリック、サテンブルーマイカメタリックなどを含む全8色を用意。
価格は、1.8X(FF)の185万円から2.0Z(FF)251万円まで。

(webCG ワタナベ)

「2.0Z」(オレンジメタリック)
「2.0Z」(オレンジメタリック) 拡大
「2.0Z」はダークグレー内装に、ブラック/オレンジのシートが組み合わされる。
「2.0Z」はダークグレー内装に、ブラック/オレンジのシートが組み合わされる。 拡大
「1.8S」(サテンブルーマイカメタリック)
「1.8S」(サテンブルーマイカメタリック) 拡大
「1.8S」はダークグレー内装にブラック/ダークブルーのシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュ/ダークブルーのシートが選べる。
「1.8S」はダークグレー内装にブラック/ダークブルーのシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュ/ダークブルーのシートが選べる。 拡大
「1.8G」はグレージュ内装にグレージュのシート。
「1.8G」はグレージュ内装にグレージュのシート。 拡大
「1.8A」はダークグレー内装にブラックシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュシートが選べる。
「1.8A」はダークグレー内装にブラックシート(写真)と、グレージュ内装にグレージュシートが選べる。 拡大

関連キーワード:
ウィッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ウィッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アルファード 2015.1.26 画像・写真 「トヨタ・アルファード」がフルモデルチェンジ。新型の姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア 2017.12.25 画像・写真 トヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」がマイナーチェンジ。「Toyota Safety Sense(第2世代版)」が全車に標準装備され、安全性能が高められるとともに、内外装のデザインが改められた。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
ホームへ戻る