「ホンダ・ストリーム」仕様変更で6人乗りに

2012.04.05 自動車ニュース

「ホンダ・ストリーム」仕様変更で6人乗りに

本田技研工業は、ミニバン「ストリーム」の仕様を変更し、2012年4月5日に発売した。

今回、これまで3人がけだった2列目シートが2人がけに変更された。結果、3列7人乗りまたは2列5人乗りだった「ストリーム」の乗車フォーメーションは、3列6人乗りにあらためられた。
2列目シートの左右シート間には、ティッシュボックスなどが入れられるセンタートレイが、新たに設けられている。

このほか、VSA(車両挙動安定化制御システム)が標準で与えられ、通信費無料の各種情報サービス(リンクアップフリー)に対応したオプション「インターナビパッケージ」が設定された。

価格は、「RSZ」(1.8リッター/FF/5AT)の199万円から、「RSZ Sパッケージ」(2リッター/4WD/5AT)の255万1000円まで。

(webCG 関)

「ホンダ・ストリームRSZ」
「ホンダ・ストリームRSZ」 拡大

「ホンダ・ストリーム」仕様変更で6人乗りにの画像 拡大

関連キーワード:
ストリーム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ストリーム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 ホンダのミドルクラス箱型ミニバン「ステップワゴン」に、いよいよハイブリッドモデルが登場。「アコード」や「オデッセイ」ゆずりのパワープラントが搭載された新グレードは、高級ミニバンに比肩する快適さと力強さを備えていた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップ 2020.12.24 自動車ニュース 本田技研工業は2020年12月24日、軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを、同年12月25日に発売すると発表した。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
  • ホンダ・ステップワゴン ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2019.3.13 試乗記 雪を求めて三千里!? 「ホンダ・ステップワゴン」のコンプリートカー「モデューロX」に乗りに、冬の北海道へ。“チューニングカー”を走らせるには場違いにも思える、雪道での試乗を通して分かったことは? 手間ヒマ掛かったクルマならではの、走りの魅力を報告する。
ホームへ戻る