トヨタ・ラッシュが仕様変更 新色の追加も

2012.04.04 自動車ニュース

「トヨタ・ラッシュ」が仕様変更 新色の追加も

トヨタ自動車は、コンパクトSUV「ラッシュ」の一部仕様を変更し、2012年4月4日に発売した。

今回、前席ヘッドレストの形状が変更され、後席の中央部にもヘッドレストと3点式シートベルトが追加された。

ボディーカラーは、新色の「ブロンズオリーブパールメタリック」を含む全7色。価格は、「X」(FR/4AT)の166万8000円から「G“Lパッケージ”」(4WD/4AT)の209万3000円まで。

同時に、特別仕様車「X“Smart Edition”」にも、特別なボディーカラー「アズキマイカ」が追加設定された(全8色)。

「X“Smart Edition”」の価格は、FR/4AT車の170万2000円から4WD/4AT車の189万1000円まで。

(webCG 関)

「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」(写真はアズキマイカのボディーカラー)
「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」(写真はアズキマイカのボディーカラー) 拡大

関連キーワード:
ラッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る