トヨタ・ラッシュが仕様変更 新色の追加も

2012.04.04 自動車ニュース

「トヨタ・ラッシュ」が仕様変更 新色の追加も

トヨタ自動車は、コンパクトSUV「ラッシュ」の一部仕様を変更し、2012年4月4日に発売した。

今回、前席ヘッドレストの形状が変更され、後席の中央部にもヘッドレストと3点式シートベルトが追加された。

ボディーカラーは、新色の「ブロンズオリーブパールメタリック」を含む全7色。価格は、「X」(FR/4AT)の166万8000円から「G“Lパッケージ”」(4WD/4AT)の209万3000円まで。

同時に、特別仕様車「X“Smart Edition”」にも、特別なボディーカラー「アズキマイカ」が追加設定された(全8色)。

「X“Smart Edition”」の価格は、FR/4AT車の170万2000円から4WD/4AT車の189万1000円まで。

(webCG 関)

「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」(写真はアズキマイカのボディーカラー)
「トヨタ・ラッシュX“Smart Edition”」(写真はアズキマイカのボディーカラー) 拡大

関連キーワード:
ラッシュ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
ホームへ戻る