「スズキ・エブリイ」の3段AT車が燃費を改善

2013.04.10 自動車ニュース

「スズキ・エブリイ」の3段AT車が燃費性能を改善

スズキは2013年4月10日、軽商用車「エブリイ」に小変更を実施。3段AT車の燃費を改善し、販売を開始した。

今回の小変更では、エンジン制御の改良や、4WD車への転がり抵抗低減タイヤの採用などにより、FR車の燃費を0.4km/リッター、4WD車の燃費を0.8km/リッター改善。ともに15.4km/リッターの燃料を実現した。(いずれもJC08モード)

また、触媒を変更することで平成17年排出ガス基準75%低減レベルの認定も取得。これらの改良により、エブリイの3段AT車は軽キャブバンクラスのガソリン車として初のエコカー減税対象車となり、自動車取得税と自動車重量税の50%減税措置が受けられることとなった。

エブリイ3段AT車のラインナップと価格は以下の通り。
・GA(FR):97万1250円
・PA(FR):97万1250円
・PA(4WD):109万7250円
・PC(FR):105万5250円
・PC(4WD):118万1250円
・JOIN(FR):113万850円
・JOIN(4WD):125万6850円

(webCG)

「スズキ・エブリイ」
「スズキ・エブリイ」 拡大

関連キーワード:
エブリイワゴン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エブリイワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
ホームへ戻る