「アウディA3」に4ドアセダンが登場

2013.04.03 自動車ニュース

「アウディA3」に4ドアセダンが登場

独アウディは、「A3」シリーズの4ドアセダン「A3セダン」と、同車の高性能モデルにあたる「S3セダン」を、2013年3月27日に発表した。

■本国発売は今年夏、価格はおよそ300万円から

「アウディA3セダン」は、2012年9月に発表された新型「A3」シリーズに新たに加わった、コンパクトセダンである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4.46×1.80×1.42m、ホイールベース=2.64m。ボンネットにアルミニウムを採用するなど軽量化に配慮しており、車両重量は「1.4TFSI」エンジン搭載車で1250kgに抑えられている。

パワーユニットは全3種類で、ガソリンエンジンは最高出力140ps、最大トルク25.5kgmの1.4リッターターボ「1.4TFSI」と、同じく180ps、25.5kgmの1.8リッターターボ「1.8TFSI」の2種類。ディーゼルエンジンは最高出力150ps、最大トルク32.6kgmの2リッターターボ「2.0TDI」がラインナップされる。
燃費は、欧州複合モードで「1.4TFSI」が4.7リッター/100km(21.3km/リッター)、「1.8TFSI」が5.6リッター/100km(17.9km/リッター)、「2.0TDI」が4.1リッター/100km(24.4km/リッター)。動力性能は、最も優れた「1.8TFSI」で0-100km/h加速7.3秒、最高速235km/hとされる。
トランスミッションは、いずれのエンジンにもデュアルクラッチ式セミATの「Sトロニック」と6段MTの両方が用意されている。

一方、装備で注目となるのが、欧州ではオプション設定となる安全支援システム「Audi pre sence Basic(アウディプリセンスベーシック)」。低速走行時の衝突回避に役立つもので、前方車両への追突の危険性を察知するとドライバーに警告。車速が30km/h以下の場合は、状況に応じて自動でフルブレーキがかかる。

発売は、ドイツおよびヨーロッパの主要地域で2013年夏の予定。価格は1.4TFSIでおよそ2万5000ユーロ(約297万5000円/1ユーロ=119円で換算)とされている。

 

■300psのパワーと14km/リッターの燃費性能を両立

同時に発表された「S3セダン」は、最高出力300ps、最大トルク38.7kgmの2リッターターボエンジン「2.0TFSI」を搭載した、「A3セダン」の高性能モデルである。
トランスミッションはベース車と同じく6段MTとSトロニックが用意され、0-100km/h加速は6段MT車で5.3秒、Sトロニック車で4.9秒、最高速はともに250km/hでリミッターが作動する。
また環境性能にも配慮しており、燃費は6段MT車が7.0リッター/100km(14.3km/リッター)、Sトロニック車が6.9リッター/100km(14.5km/リッター)。CO2排出量についても、それぞれ162g/km、159g/kmに抑えている。

足まわりも強化されており、車高は専用のサスペンションにより25mmダウン。ホイールのサイズは18インチで、フロントにはローター径340mmのディスクブレーキが採用される。

駆動方式はフルタイム4WD。走りに関する装備は充実しており、「アウディドライブセレクト」が標準装備となるほか、磁性流体によりダンパーの減衰力を制御するマグネティックライドもオプションで用意される。

(webCG)

→「アウディA3セダン」と「S3セダン」のさらに詳細な写真はこちら

「アウディA3セダン」
「アウディA3セダン」 拡大
 
「アウディA3」に4ドアセダンが登場の画像 拡大
 
「アウディA3」に4ドアセダンが登場の画像 拡大
 
「アウディA3」に4ドアセダンが登場の画像 拡大
「アウディS3セダン」
「アウディS3セダン」 拡大
 
「アウディA3」に4ドアセダンが登場の画像 拡大

関連キーワード:
A3セダン, S3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • トヨタ・ハリアー【開発者インタビュー】 2020.6.13 試乗記 1997年の誕生以来、根強い人気を保ち続けるトヨタの都市型プレミアムSUV「ハリアー」。4代目となる新型は、日本的なセンスと乗り味を武器に、世界に打って出るグローバル商品となるという。開発を主導したキーパーソンに、そんな新型の“キモ”を聞いた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る