BMWアクティブハイブリッド5の受注始まる

2012.03.23 自動車ニュース

「BMWアクティブハイブリッド5」の受注始まる

BMWジャパンは2012年3月22日、「BMW 5シリーズセダン」をベースとしたハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド5」の受注を開始した。

「BMWアクティブハイブリッド5」は、BMW初となる「直列6気筒エンジンにモーターを組み合わせた」ハイブリッドモデル。2011年の東京モーターショーで世界初公開された。
それから約4カ月、いよいよ受注がスタートし、2012年4月にはデリバリーが開始される運びとなった。

クルマとしての概要をおさらいすると、「アクティブハイブリッド5」は、BMWのミドルクラスセダン「5シリーズセダン」がベース。306psの直6エンジンと55psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載し、340psの総出力(最大トルクは45.9kgm)を発生する。
トランスミッションは8段ATが組み合わされ、後輪を駆動。モーターのみを使ったEV走行も、最高60km/hまでの速度域で行うことができる。

燃費値は、10.15モードが14.6km/リッター(12.8km/リッター)で、JC08モードで13.6km/リッター(13.0km/リッター ※カッコ内は3リッター直6ガソリンエンジン搭載モデル「535i」の値)。

ハンドル位置は右のみが用意され、価格は「535i」の10万円高となる850万円。自動車取得税と重量税の100%減免(エコカー減税)や、エコカー補助金といった税制上の優遇も受けられる。

(webCG 関)

「BMWアクティブハイブリッド5」
「BMWアクティブハイブリッド5」 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大
 
BMWアクティブハイブリッド5の受注始まるの画像 拡大

関連キーワード:
アクティブハイブリッド5, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る