MINIに2種類のデザインパッケージが登場

2013.05.23 自動車ニュース
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
    拡大

MINIにロンドンの公園の名を冠した2つのデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年5月23日、「MINI」と「MINIクラブマン」の2モデルに、「Green Park(グリーン・パーク)」「Hyde Park(ハイド・パーク)」の2種類のデザインパッケージを設定。販売を開始した。

「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。 拡大
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。 拡大

グリーン・パークとハイド・パークはともにイギリスの首都、ロンドンにある公園の名前で、具体的な内容は以下の通りとなっている。

グリーン・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)

ハイド・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(クール・シャンパン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(クール・シャンパン)

価格はともに「クーパー」用が15万円、「クーパーS」用が12万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新 2020.9.11 自動車ニュース ホンダが2020年秋にモデルチェンジする「N-ONE」の情報を先行公開。新型は丸・四角・台形を基調とする従来モデルのエクステリアデザインを踏襲。モデルラインナップは「オリジナル」「プレミアム」「RS」の3種類で、RSにはターボ+6段MT仕様も用意される。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」の改良モデルを発表 2021年前半に日本に導入 2020.9.2 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」に改良を実施。外観デザインを変更するとともに、装備の拡充を図った。またコネクテッドサービス「Audi connect」についても、携帯端末で車両の施錠解錠などができる機能を追加。日本導入は2021年前半を予定している。
  • 大人の装いを表現した限定車「MINI 5ドア ローズウッドエディション」登場 2020.9.1 自動車ニュース BMWジャパンは2020年8月31日、「MINI 5ドア」に特別仕様車「Rosewood Edition(ローズウッドエディション)」を設定し、同日、台数200台限定で発売した。「インディアンサマーレッドメタリック」にブラックのアクセントカラーを組み合わせたエクステリアが特徴。
ホームへ戻る