MINIに2種類のデザインパッケージが登場

2013.05.23 自動車ニュース
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車(左)と、「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車。
    拡大

MINIにロンドンの公園の名を冠した2つのデザインパッケージが登場

BMWジャパンは2013年5月23日、「MINI」と「MINIクラブマン」の2モデルに、「Green Park(グリーン・パーク)」「Hyde Park(ハイド・パーク)」の2種類のデザインパッケージを設定。販売を開始した。

「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。
「MINI」の「グリーン・パーク」装着車のインテリア。 拡大
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。
「MINIクラブマン」の「ハイド・パーク」装着車のインテリア。 拡大

グリーン・パークとハイド・パークはともにイギリスの首都、ロンドンにある公園の名前で、具体的な内容は以下の通りとなっている。

グリーン・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(ブリティッシュ・レーシング・グリーン)

ハイド・パーク
・ボディーカラー(ペッパー・ホワイト)
・クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ
・ルーフ&ミラーキャップ(クール・シャンパン)
・インテリアサーフェス(ペッパー・ホワイト)
・カラーライン(ポーラー・ベージュ)
・バイカラーCピラー(MINIクラブマンのみ)
・スポーツシート(クーパーのみ)
・ボンネットストライプ(クール・シャンパン)

価格はともに「クーパー」用が15万円、「クーパーS」用が12万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • フロントマスクを刷新! 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」がマイナーチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース BMWが「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルを発表。大幅に変更されたフロントマスクが特徴で、インテリアでもサーフェスやエアコン吹き出し口など各部の意匠を変更。デジタルメーターを採用するなど、装備もアップデートしている。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
  • MINIの特別仕様車「ピカデリーエディション」登場 専用のレタリングやストライプが目印 2021.2.12 自動車ニュース 「MINI 3ドア/5ドア」の特別仕様車「ピカデリーエディション」が登場。「Piccadilly」のレタリングや専用ストライプ、カタログモデルより充実した装備などを特徴とする特別仕様車で、生産期間は2021年2月末までとなっている。
ホームへ戻る