アストンが「ヴァンキッシュ」のオープンを発表

2013.06.19 自動車ニュース
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」 拡大

アストン・マーティンが「ヴァンキッシュ」のオープンモデルを発表

アストン・マーティンは2013年6月19日、新型のオープンモデル「ヴァンキッシュ ヴォランテ」を発表した。

今回の新型車は、アストン・マーティンの最上級モデル「ヴァンキッシュ」のオープン仕様であり、同社のオープンカーとして初の、フルカーボンボディーを持つモデルとなる。

ルーフは3層構造の軽量ファブリックで、14秒でオープンにすることが可能。また、フロントウィンドウは同社のオープンカーとして初めて、ソフトトップ直前までガラス面が続く“フルハイト仕様”となった。
一方、ルーフを格納するトノカバーとデッキリッドには、空気抵抗を抑えるために最新の空力処理を採用。ラゲッジルームの容量は「DBSヴォランテ」から50%も広げられ、ルーフの開閉にかかわらず279リッターの広さが確保されている。

エンジンはクーペと同じ5.9リッターV型12気筒の「AM11」で、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5500rpmを発生。6段ATの「タッチトロニック2」との組み合わせで、0-100km/h加速は4.1秒(予測値)、最高速は295km/hという動力性能を発揮する。
またクーペゆずりの第4世代VHアーキテクチャーを基本骨格としたボディーは、「DBSヴォランテ」より14%ねじり剛性が向上。レスポンスに優れた、素直なハンドリングを実現しているという。

価格はイギリス本国で19万9995ポンド(約2980万円、1ポンド=149円で換算)。製造はウォリックシャー州ゲイドンのアストン・マーティン本社で行われ、2013年後半にイギリスおよびヨーロッパ諸国からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG)

→「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」のさらに詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(前編) 2021.2.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「トヨタGRヤリス」に試乗。専用3ドアボディーに新開発の3気筒ターボエンジン、さらに独自の4WDシステムを備えた異色のラリーウエポンを、山野はどうジャッジするのだろうか。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
ホームへ戻る