アストンが「ヴァンキッシュ」のオープンを発表

2013.06.19 自動車ニュース
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」
「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」 拡大

アストン・マーティンが「ヴァンキッシュ」のオープンモデルを発表

アストン・マーティンは2013年6月19日、新型のオープンモデル「ヴァンキッシュ ヴォランテ」を発表した。

今回の新型車は、アストン・マーティンの最上級モデル「ヴァンキッシュ」のオープン仕様であり、同社のオープンカーとして初の、フルカーボンボディーを持つモデルとなる。

ルーフは3層構造の軽量ファブリックで、14秒でオープンにすることが可能。また、フロントウィンドウは同社のオープンカーとして初めて、ソフトトップ直前までガラス面が続く“フルハイト仕様”となった。
一方、ルーフを格納するトノカバーとデッキリッドには、空気抵抗を抑えるために最新の空力処理を採用。ラゲッジルームの容量は「DBSヴォランテ」から50%も広げられ、ルーフの開閉にかかわらず279リッターの広さが確保されている。

エンジンはクーペと同じ5.9リッターV型12気筒の「AM11」で、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5500rpmを発生。6段ATの「タッチトロニック2」との組み合わせで、0-100km/h加速は4.1秒(予測値)、最高速は295km/hという動力性能を発揮する。
またクーペゆずりの第4世代VHアーキテクチャーを基本骨格としたボディーは、「DBSヴォランテ」より14%ねじり剛性が向上。レスポンスに優れた、素直なハンドリングを実現しているという。

価格はイギリス本国で19万9995ポンド(約2980万円、1ポンド=149円で換算)。製造はウォリックシャー州ゲイドンのアストン・マーティン本社で行われ、2013年後半にイギリスおよびヨーロッパ諸国からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG)

→「アストン・マーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ」のさらに詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表 2019.4.24 自動車ニュース アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表。2018年6月に発表された「DBSスーパーレッジェーラ」のオープントップモデルで、0-100km/h加速3.6秒、最高速340km/hという動力性能と、オープンエアの心地よさを両立している。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストン・マーティン・ヴァンキッシュ ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2014.7.4 試乗記 アストン・マーティンの旗艦モデル「ヴァンキッシュ」に、オープンボディーの「ヴォランテ」が加わった。先進と伝統が同居する英国流フラッグシップスポーツの“グランドツーリング力”を探るべく、ハイウェイそしてワインディングロードで試乗した。
  • アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.3 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
    ……1853万8800円

    排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。
ホームへ戻る