充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」登場

2013.06.27 自動車ニュース
「日産セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション」
「日産セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション」
    拡大

充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」が登場

日産自動車は2013年6月26日、ミニバン「セレナ」に特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」「ハイウェイスター Vエアロモード」を設定し、販売を開始した。


充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」登場の画像 拡大
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード」
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード」
    拡大

「ハイウェイスター Vセレクション」は、セレナの量販グレードである「ハイウェイスター S-HYBRID」(FF)、「ハイウェイスター」(4WD)をベースに、ワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付き)とキセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)を標準装備したものだ。

一方「ハイウェイスター Vエアロモード」は、この「ハイウェイスター Vセレクション」をベースに、フロントプロテクターや専用ダーククロムグリル、グロスブラックの専用パワーウィンドウスイッチフィニッシャーで内外装をドレスアップしたモデルである。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション(FF):266万1750円
・ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード(FF):269万8500円
・ハイウェイスター Vセレクション(4WD):289万5900円
・ハイウェイスター Vエアロモード(4WD):293万2650円

(webCG)
 

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • ルノー・キャプチャー VS. ホンダ・ヴェゼル VS. マツダCX-30 2021.10.4 乗って実感 比べて納得 「ルノー・キャプチャー」の魅力<AD> 欧州でナンバーワンの人気を誇るコンパクトSUV「ルノー・キャプチャー」。このクルマがかの地で支持される理由とは? 日本の人気モデル「ホンダ・ヴェゼル」「マツダCX-30」と乗り比べ、その魅力を確かめた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
ホームへ戻る