充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」登場

2013.06.27 自動車ニュース
「日産セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション」
「日産セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション」
    拡大

充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」が登場

日産自動車は2013年6月26日、ミニバン「セレナ」に特別仕様車「ハイウェイスター Vセレクション」「ハイウェイスター Vエアロモード」を設定し、販売を開始した。


充実装備と特別な内外装の「日産セレナ」登場の画像 拡大
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード」
「セレナ ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード」
    拡大

「ハイウェイスター Vセレクション」は、セレナの量販グレードである「ハイウェイスター S-HYBRID」(FF)、「ハイウェイスター」(4WD)をベースに、ワンタッチオートスライドドア(両側、挟み込み防止機構付き)とキセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)を標準装備したものだ。

一方「ハイウェイスター Vエアロモード」は、この「ハイウェイスター Vセレクション」をベースに、フロントプロテクターや専用ダーククロムグリル、グロスブラックの専用パワーウィンドウスイッチフィニッシャーで内外装をドレスアップしたモデルである。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ハイウェイスター S-HYBRID Vセレクション(FF):266万1750円
・ハイウェイスター S-HYBRID Vエアロモード(FF):269万8500円
・ハイウェイスター Vセレクション(4WD):289万5900円
・ハイウェイスター Vエアロモード(4WD):293万2650円

(webCG)
 

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産が「セレナ」の一部仕様を変更 安全装備を強化し「AUTECH」に新モデルを追加 2020.8.17 自動車ニュース 日産がミニバン「セレナ」の一部仕様を変更。「プロパイロット」をはじめとした予防安全装置・運転支援システムの設定グレードを拡大したほか、「AUTECHスポーツスペック」をe-POWER車にも設定。AUTECH車については、インテリアのコーディネートプログラムも導入した。
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.4.9 試乗記 「日産セレナe-POWER」に試乗。高い効率性がうたわれる日産自慢の電動パワーユニット、e-POWER。500kmのドライブでその実用燃費を検証するとともに、ファミリーカーのあるべき姿について考えた。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • 日産が「セレナ」をマイナーチェンジ デザインを一新し「全方位運転支援システム」を全車標準装備 2019.8.2 自動車ニュース 日産自動車は2019年8月1日、ミニバン「セレナ」をマイナーチェンジし、同日、販売を開始した。エクステリアデザインを変更したほか、「全方位運転支援システム」を全車で採用。新色を2色追加し、4種類のツートンカラーを含む全14色のボディーカラーを設定している。
ホームへ戻る