BMWからFFコンパクトのコンセプトカーが登場

2013.07.11 自動車ニュース webCG 編集部
「BMW Concept Active Tourer Outdoor(コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア)」
「BMW Concept Active Tourer Outdoor(コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア)」
    拡大

BMWからレジャーに最適なFFのコンセプトカーが登場

独BMWは2013年7月11日、コンセプトカー「BMW Concept Active Tourer Outdoor(コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア)」を発表した。

このコンセプトカーは、アウトドアレジャーなどでの使い勝手を追及した、プラグインハイブリッドのスペース系コンパクトモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4350×1833×1576mmに抑えられているが、2670mmという長いホイールベースもあって、車内には広々とした空間を確保。ホワイトとグレーのレザー表皮をはじめ、インテリアの素材は手拭きで簡単に清掃できるものとなっている。

また荷室には、自転車2台を積載、固定できるキャリアシステムを装備。このほかにもアウトドアレジャーに役立つ機能や工夫を随所に取り入れている。

パワーユニットは1.5リッター直4ターボエンジンに電動モーターを組み合わせたもので、前輪を駆動。システム最高出力は140kW(190hp)となっている。またバッテリーはリチウムイオン式で、30kmの距離を電気のみで走行可能。220V電源による外部充電に対応している。
このシステムにより、動力性能は0-100km/h加速8秒以下、最高速度200km/hを実現。100km走行あたりの燃料消費量は2.5リッター以下、CO2排出量は60g/km以下に抑えられている。

(webCG)

→「BMW コンセプト アクティブ ツアラー アウトドア」のより詳細な写真はこちら

 

関連キーワード:
BMW, イベント, 自動車ニュース