「スズキ・スペーシア」に自動ブレーキ装着車

2013.08.26 自動車ニュース

「スズキ・スペーシアX」のレーダーブレーキサポート装着車。


	「スズキ・スペーシアX」のレーダーブレーキサポート装着車。
	拡大

スズキ「スペーシア」に自動ブレーキ装着車を設定

スズキは2013年8月26日、軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」にレーダーブレーキサポートをオプション設定し、同年9月17日に発売すると発表した。

「スペーシア カスタムTS」のレーダーブレーキサポート装着車。
「スペーシア カスタムTS」のレーダーブレーキサポート装着車。 拡大
車両の前方を監視するレーザーレーダー。
車両の前方を監視するレーザーレーダー。 拡大

レーダーブレーキサポートは、衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPからなる安全装備のオプションパッケージであり、今回は2013年7月に一部改良された「ワゴンR」に続く、2車種目の採用となる。

またレーダーブレーキサポート装着車は全車フロントメッキグリルとするなど、非装着車と外観を差別化。「G」グレードには14インチタイヤとフロントスタビライザーも装備される。

レーダーブレーキサポート装着車の価格は以下の通り。

スペーシア
・G:127万500円(FF)/138万8100円(4WD)
・X:136万5000円(FF)/148万2600円(4WD)
・T:145万9500円(FF)/157万7100円(4WD)

スペーシア カスタム
・GS:145万2450円(FF)/157万1850円(4WD)
・XS:154万3500円(FF)/166万1100円(4WD)
・TS:166万9500円(FF)/178万7100円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
スペーシア, スペーシア カスタム, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スペーシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 「王道」に挑むのは「SUV風」と「未来顔」
    軽自動車の“カスタム顔”バトルが新時代に突入!
    2019.6.19 デイリーコラム 標準顔と“カスタム顔”の2本立てがスタンダードだった軽乗用車のデザインに、新たな流れが湧き起こりつつある。「SUV風」で攻めるスズキと三菱、「未来顔」を世に問うホンダ、そして王道を突き進むダイハツ……。それぞれの思惑とは!?
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る