2014年型「イヴォーク」の仕様と価格が明らかに

2013.11.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」2014年モデル。(写真は欧州仕様車)
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」2014年モデル。(写真は欧州仕様車)
    拡大

「レンジローバー イヴォーク」2014年モデルの仕様と価格が明らかに

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年11月8日、SUV「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の2014年モデルについて、仕様と価格を発表した。

 

レンジローバー イヴォークの2014年モデルで最大のトピックは、トランスミッションがアイシンAW製の6段ATから、ZF製の9段ATに変更されたこと。
これにより、JC08モードの燃費値は9.0km/リッターから10.6km/リッターへと向上。高速巡航時には、エンジンの回転数を低く抑えることでノイズも低減されるという。一方、新たな9段ATはローギアが低められており、これまでの6段ATよりもオフロード走行や急勾配のオンロード走行で強みを発揮するとされる。スキップシフトも可能。エンジン本体はこれまでと同じ2リッター直4ターボながら、アイドリングストップ機構が与えられている。

通常時の安定走行時にはリアへの動力伝達を切断し、FFとして走行することで燃費を稼ぎながら、必要に応じて瞬時に4WDに切り替えが可能な「4WDアクティブ・ドライブライン」も搭載。テレインレスポンス選択時や、180km/h以上での走行時には、自動的に4WDが選択される。システムの状況は、タッチスクリーン上で確認できる。

そのほか、電子制御式ディファレンシャルとブレーキを用いてコーナリング時のトルク配分を最適化する「トルクベクタリング」も採用。

接近車両の存在を知らせる「ブラインド・スポット・モニター」や、後退時などに衝突の危険性を警告する「リバース・トラフィック・ディテクション」、自動的にステアリング操作を行って駐車をサポートする「パークアシスト」と「アドバンスド・パークアシスト」、小川や冠水した道路などで水深についての警告を行う「ウェイド・センシング」、インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキ機能付きの「アダプティブ・クルーズ・コントロール」なども、オプションで用意される。

内外装では、形状変更により視認性がアップしたというドラミラーや、新デザインのアロイホイール(3種類)が、2014年モデルの特徴。
さらに、スポーティーな「イヴォーク クーペ ダイナミック」には、ブラックを基調にコーディネートされた20インチ9スポークの鍛造ホイールやフォグランプ、ヘッドランプ、「RANGE ROVER」バッジなどがセットになった「ブラックデザインパック」がオプションとして用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。2013年モデルに比べ、いずれも10万円高となっている。

・レンジローバー イヴォーク ピュア:460万円
・レンジローバー イヴォーク プレステージ:588万円
・レンジローバー イヴォーク クーペ ピュア:480万円
・レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック:608万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ジャガー・ランドローバーが新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初公開 2020.6.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバーが、新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初披露。日本仕様のインテリアが公開されるのは今回が初めてで、会場にはラグビープレーヤーで、新たにランドローバーのブランドアンバサダーとなった稲垣啓太選手も姿を見せた。
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」がついに上陸! 来日したデザイナーが語る このクルマの見どころとは? 2019.11.13 デイリーコラム いよいよ日本でも実車がお披露目された、新型「ランドローバー・ディフェンダー」。ブランドを象徴するニューモデルの見どころはどこなのか? 実物を目にしての第一印象と、来日したデザイナーが語るこのクルマならではの魅力を紹介する。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る