新型「レンジローバー スポーツ」がデビュー【東京モーターショー2013】

2013.11.23 自動車ニュース
新型「レンジローバー スポーツ」を披露する、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏。
新型「レンジローバー スポーツ」を披露する、英ジャガー・ランドローバーのグループ・マーケティング・ディレクター、フィル・ポッパム氏。 拡大

【東京モーターショー2013】新型「レンジローバー スポーツ」がデビュー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年11月20日に開幕した第43回東京モーターショー2013で、新型「レンジローバー スポーツ」を公開した。

新型「レンジローバー スポーツ」は、2013年3月のニューヨークショーで世界初公開された。
新型「レンジローバー スポーツ」は、2013年3月のニューヨークショーで世界初公開された。 拡大
日本仕様は3タイプ用意される。価格は798万~1260万円。
日本仕様は3タイプ用意される。価格は798万~1260万円。 拡大
9段ATを搭載する新しい「レンジローバー イヴォーク」が、まずは180台の限定車として登場。車名は「レンジローバー イヴォーク Dynamic Limited」。価格は680万円。
9段ATを搭載する新しい「レンジローバー イヴォーク」が、まずは180台の限定車として登場。車名は「レンジローバー イヴォーク Dynamic Limited」。価格は680万円。 拡大
ジャガー・ランドローバーブースの様子。
ジャガー・ランドローバーブースの様子。 拡大

■価格は798万円から

レンジローバー スポーツとしてはこれが2代目となるが、先代のベースが「ディスカバリー」だったのに対し、新型では“ホンモノ”の「レンジローバー」が用いられている。このため、先代のラダーフレーム+スチールモノコックという複雑なボディー構造から、新型は一気にアルミモノコックに進化。その恩恵で200kg前後の軽量化が図られており、5リッターV8スーパーチャージドエンジン搭載モデルでも車重は2310kgに収まった。
このためジャガー・ランドローバーは新型レンジローバー スポーツを、「ランドローバー史上最速で、最も俊敏、かつレスポンスに優れた一台」だと主張する。

一方、レンジローバーとの比較では、全長が約150mm短く、全高は55mm低い。また。ルーフが後ろにいくに従って直線的に下降する、「イヴォーク」に近いエクステリアデザインを採用しているのも注目点のひとつ。
この結果、非常に軽快感の強いプロポーションができあがると同時に、ここ数年ランドローバーが進めていた新世代デザインへの切り替えが、新型レンジローバー スポーツの登場をもって完結することとなった。

日本仕様は「SE」(798万円)、「HSE」(903万円)、「Autobiography Dynamic」(1260万円)の3タイプ。エンジンはSEとHSEが340psを発生するV6 3リッタースーパーチャージドで、Autobiography Dynamicのみ510psを生み出すV8 5リッタースーパーチャージドを搭載する。ギアボックスはいずれも8段ATで、Autobiography Dynamicの場合、0-100km/h加速を5.3秒でこなす。

イヴォークをラインナップした効果もあってジャガー・ランドローバーの販売は好調で、2013年の年初から11月下旬までのグローバルセールスは、対前年比18%増、10月単月では36%増を達成したほか、日本では前年比77%の成長を記録したという。このため、イヴォークのデザインエッセンスを採り入れたレンジローバー スポーツの追加により、セールスがさらに躍進することをジャガー・ランドローバーは期待しているようだ。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=大谷達也、webCG)

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 東京モーターショー2013, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー スポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)/ディフェンダー110 S(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.12 試乗記 伝統ある従来モデルとはまったく異なる姿で登場した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。モノコックボディー+4輪独立懸架に懐疑的なアンチに対し、ランドローバーが用意した答えとは? 注目の新型オフローダーの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る