トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジ

2013.11.28 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
    拡大

トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2013年11月27日、商用ワンボックス車の「ハイエース(バン/ワゴン/コミューター)」「レジアスエース(バン)」をマイナーチェンジし、同年12月9日に発売すると発表した。

バンの標準ボディー「スーパーGL」。
バンの標準ボディー「スーパーGL」。
    拡大
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
    拡大
バンの「スーパーGL」。
バンの「スーパーGL」。
    拡大

トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジの画像 拡大

今回のマイナーチェンジの眼目は、内外装デザインのブラッシュアップと利便性の向上である。エクステリアでは、フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更したほか、リア側面には凹凸の少ないスライドウィンドウを採用することでサイドビューをより洗練させた。また、全車にオプションで、LEDヘッドランプ(ロービーム)や鋭角的なラインのアルミホイールを設定した。さらに一部グレードでは、ガラスアンテナも採用している。ボディーカラーは、ハイエースおよびレジアスエースのバン「スーパーGL」にボルドーマイカメタリックを新採用したほか、ハイエース、レジアスエースのバン「DX」(ロングボディー)にブラックマイカを追加設定した。

一方のインテリアでは、エアコンのボタンやダイヤルをはじめとするセンタークラスターパネルのデザイン変更を変更したほか、平均燃費や外気温度など各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備とした。

このほか、利便性向上のためバックドアにイージークローザーを採用。デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチをオプション設定した。

走行性能に関連する変更点としては、ドアミラーやリアコンビネーションランプなどに優れた走行安定性実現に寄与するとされる「エアロスタビライジングフィン」を採用。さらに、バン「スーパーGL」のFR車では、乗り心地向上のため、ショックアブソーバーなどサスペンションのチューニングを改めている。

価格は、ハイエース(バン)/レジアスエース(バン)が209万7000円~328万7000円。ハイエース(ワゴン)は253万3000円~358万7000円。ハイエース(コミューター)は281万8000円~335万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディe-tron 50クワトロ アドバンスト(4WD)【試乗記】 2021.4.12 試乗記 近年、さまざまなタイプのEVを矢継ぎ早に送り出しているアウディ。なかでも身近な車型の「e-tron 50クワトロ」に試乗した筆者は、その走りのよさに感心しつつも、どうしても看過できない点があるという。
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(後編) 2021.4.8 谷口信輝の新車試乗 日ごろからさまざまなメルセデス・ベンツ車を経験している、レーシングドライバー谷口信輝。そんな“メルセデス通”を驚かせた、新型「Sクラス」の乗り味とは? プロが感じた走りの特徴についてリポートする。
ホームへ戻る