トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジ

2013.11.28 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
「トヨタ・ハイエース」。写真はワゴンの「GL」。
    拡大

トヨタが「ハイエース」「レジアスエース」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2013年11月27日、商用ワンボックス車の「ハイエース(バン/ワゴン/コミューター)」「レジアスエース(バン)」をマイナーチェンジし、同年12月9日に発売すると発表した。

バンの標準ボディー「スーパーGL」。
バンの標準ボディー「スーパーGL」。
    拡大
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
こちらは、ワゴン「GL」の内装(ロングボディー/ミドルルーフ/10人乗り/4ドア仕様)。
    拡大
バンの「スーパーGL」。
バンの「スーパーGL」。
    拡大

トヨタが「ハイエース」をマイナーチェンジの画像 拡大

今回のマイナーチェンジの眼目は、内外装デザインのブラッシュアップと利便性の向上である。エクステリアでは、フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変更したほか、リア側面には凹凸の少ないスライドウィンドウを採用することでサイドビューをより洗練させた。また、全車にオプションで、LEDヘッドランプ(ロービーム)や鋭角的なラインのアルミホイールを設定した。さらに一部グレードでは、ガラスアンテナも採用している。ボディーカラーは、ハイエースおよびレジアスエースのバン「スーパーGL」にボルドーマイカメタリックを新採用したほか、ハイエース、レジアスエースのバン「DX」(ロングボディー)にブラックマイカを追加設定した。

一方のインテリアでは、エアコンのボタンやダイヤルをはじめとするセンタークラスターパネルのデザイン変更を変更したほか、平均燃費や外気温度など各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備とした。

このほか、利便性向上のためバックドアにイージークローザーを採用。デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチをオプション設定した。

走行性能に関連する変更点としては、ドアミラーやリアコンビネーションランプなどに優れた走行安定性実現に寄与するとされる「エアロスタビライジングフィン」を採用。さらに、バン「スーパーGL」のFR車では、乗り心地向上のため、ショックアブソーバーなどサスペンションのチューニングを改めている。

価格は、ハイエース(バン)/レジアスエース(バン)が209万7000円~328万7000円。ハイエース(ワゴン)は253万3000円~358万7000円。ハイエース(コミューター)は281万8000円~335万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
ハイエースワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハイエースワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • 「スバルWRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」登場 2020.7.6 自動車ニュース スバルは2020年7月6日、スポーツセダン「WRX S4」の仕様を一部変更し、同年8月20日に発売すると発表した。グレードラインナップを「STI Sport EyeSight」に一本化したほか、カタログ燃費の表記をJC08モードからWLTCモードに変更している。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • メルセデス・ベンツV220dアバンギャルド ロング(FR/7AT)【試乗記】 2020.7.1 試乗記 内外装デザインのアップデートとともに、安全装備の充実が図られたメルセデス・ベンツのミニバン「V220d」。快適性と高級感を向上させたという2列目セパレートシート「エクスクルーシブパッケージ」採用モデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る