「ポルシェ・カイエン」に豪華仕様の特別仕様車

2013.12.04 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」
「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」
    拡大

「ポルシェ・カイエン」に豪華仕様の特別仕様車

ポルシェ ジャパンは2013年12月3日、特別仕様車「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」の予約受注を開始した。

今回の特別仕様車は、V6エンジン搭載のエントリーグレード「カイエン」をベースに、内外装の一部に専用のデザインを取り入れるとともに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアでは、フロントグリルのフィンや、サイドウィンドウストリップ、リアリップスポイラー、テールゲートのストリップトリムを、プラチナシルバーメタリックで塗装。ホイールにはカラークレストをあしらった19インチの「カイエン デザインII」を採用している。

ボディーカラーはブラックおよびホワイトのモノトーン塗装が標準で、オプションでメテオグレーメタリック、バサルトブラックメタリック、およびマホガニーメタリックを設定。プラチナエディション専用色として、キャララホワイトメタリック仕上げも用意している。

一方、インテリアカラーにはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーを採用。内装の仕様は「パーシャルレザーインテリア」が標準だが、オプションで「オールレザーインテリア」を選択することも可能だ。また、エッジ部分にルクロールベージュのカラーリングを施したポルシェのロゴ入りフロアマットや、「Platinum Edition」のロゴが入ったフロントドアエントリーガード、パドルシフトを備えたスポーツデザインステアリングホイールを標準で採用。シートのヘッドレストには、ポルシェクレストのエンボス加工を施している。

快適装備も充実しており、バイキセノンヘッドライト、パワーステアリング・プラス、フロントおよびリアのパークアシストシステムなどを標準装備している。

トランスミッションは8段ティプトロニックSのみの設定。価格は849万円(ベース車プラス28万円)。

(webCG)
 

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.8.26 試乗記 プレミアムブランドにおける今日のトレンドのひとつであるSUVクーペをベースに、AMGが走りを仕立てた「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」。SUVで、クーペで、しかもAMGという欲張りな一台は、どのようなクルマに仕上がっていたのか? その実力を確かめた。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
ホームへ戻る