「ポルシェ・カイエン」に豪華仕様の特別仕様車

2013.12.04 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」
「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」
    拡大

「ポルシェ・カイエン」に豪華仕様の特別仕様車

ポルシェ ジャパンは2013年12月3日、特別仕様車「ポルシェ・カイエン プラチナエディション」の予約受注を開始した。

今回の特別仕様車は、V6エンジン搭載のエントリーグレード「カイエン」をベースに、内外装の一部に専用のデザインを取り入れるとともに、より充実した装備を採用したものである。

エクステリアでは、フロントグリルのフィンや、サイドウィンドウストリップ、リアリップスポイラー、テールゲートのストリップトリムを、プラチナシルバーメタリックで塗装。ホイールにはカラークレストをあしらった19インチの「カイエン デザインII」を採用している。

ボディーカラーはブラックおよびホワイトのモノトーン塗装が標準で、オプションでメテオグレーメタリック、バサルトブラックメタリック、およびマホガニーメタリックを設定。プラチナエディション専用色として、キャララホワイトメタリック仕上げも用意している。

一方、インテリアカラーにはブラック/ルクソールベージュのツートンカラーを採用。内装の仕様は「パーシャルレザーインテリア」が標準だが、オプションで「オールレザーインテリア」を選択することも可能だ。また、エッジ部分にルクロールベージュのカラーリングを施したポルシェのロゴ入りフロアマットや、「Platinum Edition」のロゴが入ったフロントドアエントリーガード、パドルシフトを備えたスポーツデザインステアリングホイールを標準で採用。シートのヘッドレストには、ポルシェクレストのエンボス加工を施している。

快適装備も充実しており、バイキセノンヘッドライト、パワーステアリング・プラス、フロントおよびリアのパークアシストシステムなどを標準装備している。

トランスミッションは8段ティプトロニックSのみの設定。価格は849万円(ベース車プラス28万円)。

(webCG)
 

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.4 試乗記 ポルシェのラージサイズSUV「カイエン」に、“走りが身上”の上級グレード「GTS」が登場。専用の4リッターV8ターボエンジンとシャシーチューンの組み合わせは、いかな走りを見せるのか? 他のグレードにはないGTSならではの魅力に迫った。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る