内外装もエンジンも特別なロールス・ロイス発売

2014.01.14 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
「ロールス・ロイス・ゴースト V スペシフィケーション」
    拡大

内外装もエンジンも特別な「ロールス・ロイス・ゴースト」発売

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年1月8日、特別限定車「ゴースト V スペシフィケーション」の概要を発表した。

ゴースト V スペシフィケーションは、特別な内外装が与えられた、ロールス・ロイスの限定車だ。
ベースとなるのは「ゴースト」と、そのロングホイールベース版である「ゴースト エクステンディットホイールベース」。コーチラインに見られるゴースト V スペシフィケーションのモチーフや、クロム仕上げのビジブルエキゾースト、21インチホイールなどが、外観上の特徴となっている。

内装も、トレッドプレートの刻印やリアシートのアームレストに施される刺しゅう、マルチメディアスクリーン(フロント)のカバーの象眼細工、黒とシルバーの文字板を持つアナログ時計などでドレスアップ。
また、6.6リッターV12エンジンの出力が、ベースモデルの570psから31ps増しの601psとなるなど、動力性能の向上も図られている。

生産期間は2014年1月から6月までの予定で、これに対する日本でのオーダー受付は、同年3月末までとなる見込み。現時点で、価格は明らかになっていない。

(webCG)

関連キーワード:
ゴースト, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ゴースト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ゴースト 2020.9.2 画像・写真 「ロールス・ロイス・ゴースト」の新型が、2020年9月1日(現地時間)にデビューした。同ブランドの歴史において最も成功したという一台は、今回のモデルチェンジでどのように生まれ変わったのか? その姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイスが新型「ゴースト」を発表 従来モデルからシャシーもエンジンも全面刷新 2020.9.2 自動車ニュース ロールス・ロイスのラグジュアリーサルーン「ゴースト」がフルモデルチェンジ。アルミスペースフレームを用いた車体に6.75リッターV12エンジンを搭載しており、新開発のサスペンションシステムや、四輪駆動、全輪操舵の採用もトピックとなっている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
ホームへ戻る