クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ロールス・ロイス 試乗記・新型情報

ロールス・ロイス 試乗記 ロールス・ロイス ニュース ロールス・ロイス 画像・写真
車種で絞り込む
  • 2018.9.21 エッセイ

    第572回:ブランド初のSUV「カリナン」を最後に電撃移籍!
    ロールス・ロイスのデザイントップが中国の紅旗に

    ブランド初のSUV「カリナン」をお披露目するや姿を消していたロールス・ロイスのデザインダイレクターが、中国の高級車ブランド紅旗の重役として電撃的に復帰した。こうしたカーデザイナーの移籍について大矢アキオが思いをめぐらせた。

  • 2018.8.3 画像・写真

    「オートモビル カウンシル2018」の会場から(WAKUI MUSEUM)

    往年の名車「ベントレー4 1/2リッター“ブロワー”」や、24台限定のスペシャルモデル「ラ・サルテ」を出展。「オートモビル カウンシル2018」の会場から、ロールス・ロイス&ベントレーの専門店、WAKUI MUSEUMの展示を紹介する。

  • 2018.7.5 自動車ヒストリー

    第27回:ロールス・ロイスとベントレー
    激動の時代を生き抜いた2つの名門

    今も昔も、高級車の代名詞として語られるロールス・ロイスと、豪快かつ豪奢なGTカーを世に送り出してきたベントレー。英国が生んだプレミアムブランドはどのようにして生まれ、今日に命脈をつないだのか。誕生の経緯と、その後の数奇なエピソードを紹介する。

  • 2018.6.11 自動車ニュース

    高級SUV「ロールス・ロイス・カリナン」日本上陸

    ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」が日本上陸。3ボックスタイプの“全地形対応型ハイボディー”が特徴の同車には、独立型の後席を持つ4人乗り仕様と、ベンチシートの5人乗り仕様がラインナップされる。

  • 2018.6.4 デイリーコラム

    なぜか日本人の心の琴線に触れる
    英国車の魅力の本質って何?

    グローバル化の時代にあっても、依然として根強い支持を集め続けるイギリスのクルマ。倒産を経験しても、外国資本の傘下になっても損なわれることのない英国車の本質とは何なのか? 私たち日本人の心をくすぐり続ける、英国車の魅力について考えた。

  • 2018.5.11 自動車ニュース

    ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」デビュー

    英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2018年5月10日、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」を発表した。英国における税抜き価格は、21万ポンド(約3100万円)となっている。

  • 2018.5.11 画像・写真

    ロールス・ロイス・カリナン

    2018年5月10日(英国現地時間)、「ラグジュアリーな正統派オフロード走行を実現する」とうたわれる、ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」がデビューした。その姿を写真で紹介する。

  • 2018.5.10 自動車ニュース

    ロールス・ロイス初のSUV「カリナン」、5月10日20時にデビュー

    英ロールス・ロイス・モーター・カーズは、同社初のSUVとなる「カリナン」を、日本時間の2018年5月10日にライブ映像を通して公開すると発表した。映像では、車両の姿に加えて開発テストの風景や製造シーンも紹介される。

  • 2018.4.30 試乗記

    ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】

    押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。

  • 2018.3.16 JAIA輸入車試乗会2018

    第5回:これぞ紳士の国の乗り物
    輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その2)

    みんな大好き英国車の試乗リポートも、いよいよ後半戦! JAIA特集のトリを飾る今回は、「ジャガーFタイプ」「ランドローバー・ディスカバリー」、紳士のスポーツカー「アストンマーティンDB11 V8」、そして最新の「ロールス・ロイス・ファントム」を紹介する。

  • 2018.3.9 画像・写真

    ジュネーブモーターショー2018(その16)

    第88回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)におけるロールス・ロイスブースを写真で紹介する。

  • 2018.2.14 自動車ニュース

    ロールス・ロイスのSUV、車名は「カリナン」に決定

    英ロールス・ロイスは2018年2月13日、同社初のSUVの車名を「カリナン(CULLINAN)」とすると発表した。同社独自のアルミスペースフレーム構造「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」を使用する2番目のモデルとなる。

  • 2018.2.12 デイリーコラム

    日本のミリオネアに愛される英国の名門
    ロールス・ロイス成長の秘密と、今後の展望を探る

    販売台数はこの5年で2.5倍に。英国の名門、ロールス・ロイスが日本市場で成長を続ける理由とは? 世界に冠たる高級車を買い求めるミリオネアたちの“トレンド”と、新しい商品展開がもたらす、日本における今後の戦略を探る。

  • 2018.1.26 試乗記

    ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】

    ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。

  • 2018.1.22 自動車ニュース

    ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入

    ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。

  • 2017.12.20 自動車ニュース

    横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生

    ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。価格は4347万円で、販売台数は限定されていない。

  • 2017.11.22 試乗記

    ロールス・ロイス・ファントム/ファントム エクステンデッド ホイールベース【海外試乗記】

    「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジを果たし、8代目に移行した。新型は外観こそまがうかたなきロールス・ロイスだが、新設計のアルミアーキテクチャーが用いられるなど、新時代の幕開けを感じさせる内容となっている。スイスで試乗した。

  • 2017.11.13 試乗記

    ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】

    ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。

  • 2017.7.28 自動車ニュース

    ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表

    英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。

  • 2017.6.1 自動車ニュース

    ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表

    英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。

車種で絞り込む
注目の記事PR
  • 購入後も続く喜び。コーンズの認定中古車「コーンズ コレクション」の魅力をリポートする。
    購入後も続く喜び。コーンズの認定中古車「コーンズ コレクション」の魅力をリポートする。 コーンズ・モータース
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com