「三菱デリカD:5」にディーゼルの特別仕様車

2014.01.23 自動車ニュース
「三菱デリカD:5 ロイヤルエクシード」
「三菱デリカD:5 ロイヤルエクシード」 拡大

「三菱デリカD:5」にディーゼルの特別仕様車

三菱自動車は2014年1月23日、「デリカD:5」の特別仕様車「ROYAL EXCEED(ロイヤルエクシード)」を発表した。同年2月20日に発売する。

 

今回の特別仕様車は、2.2リッターディーゼルエンジンを搭載した上級グレード「D-Premium」(4WD、7人乗り、ベージュ内装)をベースに、より上質な内外装を与え、装備を強化したものである。

具体的には、エクステリアにクロムメッキのフロントグリルやスパッタリング仕様の18インチアルミホイールを採用。インテリアには、本革シート(運転席パワーシート、運転席・助手席シートヒーター)や本木目と本革巻きのコンビタイプのステアリングホイールを装備している。また、車内照明には「リラックスルームイルミネーション」と呼ばれるホワイト天井照明を採用。インストゥルメントパネルやフロアコンソールリッド、アッパーグローブボックス、パワーウィンドウスイッチはいずれも木目調となっている。

一方、装備については通常はオプション扱いの後席9インチワイド液晶ディスプレイ(リモコン付き、音声・映像入力RCA端子)を標準で備える。また、オプションでSRSカーテンエアバッグを用意している。

価格は409万5000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • 三菱が「デリカD:2」をフルモデルチェンジ より存在感を増したデザインに 2020.12.24 自動車ニュース 三菱自動車は2020年12月24日、「デリカD:2」の新型を発表し、販売を開始した。ボディー全長を伸ばしたことによる荷室空間の拡大や、より存在感を増したフロントマスクなどが特徴となっている。
  • 「BMW 7シリーズ」に日本の伝統工芸を用いた限定車「ピュアメタルエディション」が登場 2020.12.23 自動車ニュース BMWが「7シリーズ」に特別仕様車「750Li xDrive Pure Metal Edition(ピュアメタルエディション)」を設定。BMW Individualの内外装や、人間国宝の奥山峰石氏が手がけた打込象嵌(ぞうがん)の銀板トリムなどが特徴で、販売台数は2台のみとなっている。
ホームへ戻る