フェラーリ・カリフォルニアがV8ターボ搭載へ【ジュネーブショー2014】

2014.02.13 自動車ニュース
フェラーリ・カリフォルニアT
フェラーリ・カリフォルニアT
    拡大

【ジュネーブショー2014】「フェラーリ・カリフォルニア」がV8ターボエンジン搭載へ

伊フェラーリは2014年2月12日、2プラス2のオープンモデル「フェラーリ・カリフォルニアT」の概要を発表した。実車はジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)で公開される予定。

フェラーリ・カリフォルニアTのリアビュー。
フェラーリ・カリフォルニアTのリアビュー。 拡大
新しい3.9リッターV8ターボエンジンは560psと77.0kgmを発生する。
新しい3.9リッターV8ターボエンジンは560psと77.0kgmを発生する。
    拡大
インパネ中央のエアベントの間にエンジン用のディスプレイが新設された。
インパネ中央のエアベントの間にエンジン用のディスプレイが新設された。
    拡大

■トルクは49%増、燃費は15%減

エンジンが従来の4.3リッターV8自然吸気(490ps、51.5kgm)から、新開発の3.9リッターV8ターボ(560ps、77.0kgm)に置き換わる。これに伴い、0-100km/h加速が3.8秒から3.6秒に短縮されるなど動力性能が向上し、同時に燃費も15%低減される。

また、ステアリングギアボックスやサスペンションスプリングの設定が変更されるほか、反応速度が50%向上した最新バージョンの磁性流体制御ダンパーなどの採用により、正確なハンドリングと快適な乗り心地が両立されたという。
ブレーキも強化され、新しいカーボンセラミックブレーキ「CCM3」が採用される。これにより、100km/hから停止までの制動距離は34mとなる。

エクステリアデザインでは、ヘッドランプが「F12ベルリネッタ」などと足並みをそろえた形状に改められるほか、リアバンパー下に新デザインのディフューザー「トリプルフェンスディフューザー」が装備される。
インテリアでは、ダッシュボード中央の2つのエアベント間に、エンジンに関する情報を表示するタッチパネルディスプレイ「ターボ・パフォーマンス・エンジニア(TPE)」が用意される。

主要諸元は以下ののとおり。

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4570×1910×1322mm/ホイールベース:2900mm/乾燥車重:1625kg/エンジン:3.9リッターV8ターボ/最高出力:560ps/7500rpm/最大トルク:77.0kgm/4750rpm/0-100km/h加速:3.6秒/最高速:316km/h/燃費:10.5リッター/100km(約9.5km/リッター:HELEシステム搭載車両による複合サイクル<ECE+EUDC>)/C02排出量:250g/km。

(webCG)

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, ジュネーブモーターショー2014, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.1 試乗記 「セダン/ステーションワゴン」に続き、マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」が上陸。スタイリッシュなフォルムを追求した伝統の2ドアモデルは、いかなる進化を遂げたのか。最高出力258PSの「E300スポーツ」を通して確かめた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る