日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

2014.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」
    拡大

日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

日産自動車は2014年3月28日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

 

今回の価格改定では、全グレード一律で車体価格(税抜き)を25万7000円値下げ。最大で53万円という国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を利用すれば、およそ226万円からの費用で購入できるようになった(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合。消費税は8%で計算、諸経費は除く)。

グレードごとの価格は以下の通り。
・S:287万2800円
・X:329万2920円
・G:367万9560円
※8%の消費税を含む。

なお、オーテックジャパンのコンプリートカー「エアロスタイル」や、福祉車両の「ライフケアビークル」についても、同様の価格改定を実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る