日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

2014.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」
    拡大

日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

日産自動車は2014年3月28日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

 

今回の価格改定では、全グレード一律で車体価格(税抜き)を25万7000円値下げ。最大で53万円という国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を利用すれば、およそ226万円からの費用で購入できるようになった(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合。消費税は8%で計算、諸経費は除く)。

グレードごとの価格は以下の通り。
・S:287万2800円
・X:329万2920円
・G:367万9560円
※8%の消費税を含む。

なお、オーテックジャパンのコンプリートカー「エアロスタイル」や、福祉車両の「ライフケアビークル」についても、同様の価格改定を実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 新型「日産リーフ」ワールドプレミアイベントの会場から 2017.9.6 画像・写真 日産のEV「リーフ」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、一新されたデザインや400kmにまで延びたという航続距離、さらに先進運転支援システム「プロパイロット」の搭載など、全方位的な進化を遂げた。千葉・幕張メッセで行われたワールドプレミアイベントの様子を写真で紹介する。
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売NEW 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • 「ホンダS2000」のデビュー20周年記念アクセサリーの販売がスタート 2020.6.29 自動車ニュース ホンダアクセスは2020年6月26日、「ホンダS2000」用純正アクセサリーパーツの販売を開始した。“20年目のマイナーモデルチェンジ”をコンセプトに新開発されたフロントエアロバンパーに加えて、車両販売当時にラインナップされていた純正アクセサリーを一部復刻している。
ホームへ戻る