日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

2014.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」
    拡大

日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

日産自動車は2014年3月28日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

 

今回の価格改定では、全グレード一律で車体価格(税抜き)を25万7000円値下げ。最大で53万円という国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を利用すれば、およそ226万円からの費用で購入できるようになった(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合。消費税は8%で計算、諸経費は除く)。

グレードごとの価格は以下の通り。
・S:287万2800円
・X:329万2920円
・G:367万9560円
※8%の消費税を含む。

なお、オーテックジャパンのコンプリートカー「エアロスタイル」や、福祉車両の「ライフケアビークル」についても、同様の価格改定を実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産リーフ」一部仕様変更 フラットデザインの新たなブランドエンブレムに 2021.4.19 自動車ニュース 日産自動車は2021年4月19日、電気自動車「日産リーフ」の一部仕様を変更するとともに新グレード「アーバンクロム」を追加設定し、同年夏に発売すると発表した。
  • スペック的にはお買い得なのに? 「日産リーフ」が苦境を迎えている理由 2021.2.24 デイリーコラム 日本を代表する電気自動車である「日産リーフ」の販売台数がここにきて急落している。航続可能距離322kmで332万円からというスペックは、最新のライバル車と比較しても決してヒケをとらないのだが……。苦戦の理由を清水草一が考えた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • オーテックが「日産リーフAUTECH」にパーソナライゼーションプログラムを設定 2020.1.16 自動車ニュース オーテックジャパンが純正カスタマイズモデル「日産リーフAUTECH」に「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」を設定。顧客の好みに応じて内装の仕様を選択できるサービスで、リーフでは「ストーンホワイト」「ブラウン」「ブラック」の3色の本革からシートの表皮が選択できる。
ホームへ戻る