三菱、燃費を良くした「デリカD:5」発売

2011.12.22 自動車ニュース

三菱、燃費を良くした「デリカD:5」発売

三菱自動車は2011年12月22日、ミニバン「デリカD:5」のFF車を一部改良し、発売した。また4WD車に、冬恒例の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定し、2012年1月13日に発売すると発表した。

■燃費が約14%アップ

今回の改良では、デリカD:5(FF車)のエンジンを、新開発の可変動弁機構を採用した「4J11型」2リッター直4 MIVECエンジンに変更。また、アイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用した。これにより燃費(10・15モード)は従来比で約14%向上し、15.0km/リッターとなった。エントリーグレード「M」のホイールカバーデザインも新しくなった。
価格は、「M(FF車)」の233万円から「ROADEST G-Premium(4WD車)」の376万6000円。

■冬の定番「CHAMONIX」登場

特別仕様車のCHAMONIXは「G-Power Package」(4WD)をベースに、メッキアウターハンドル、ウィンカー付電動メッキリモコンドアミラー、CHAMONIXバッジを装着。インテリアではインパネに木目調パネル、本木目&本革巻きステアリングホイールを採用したほか、7インチディスプレイのHDDカーナビ「MMCS」、運転席パワーシート、運転席・助手席シートヒーターを備える。
価格は336万円。

(webCG)

「デリカD:5 G-Power Package」
「デリカD:5 G-Power Package」 拡大
「デリカD:5 CHAMONIX」のインテリア。
「デリカD:5 CHAMONIX」のインテリア。 拡大

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • 三菱がミニバン「デリカD:5」にアウトドアレジャー向けの特別仕様車「ジャスパー」を設定 2020.4.16 自動車ニュース 三菱自動車は2020年4月16日、ミニバン「デリカD:5」に特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を設定し、同日、販売を開始した。8人乗りの「G」グレードをベースに、専用ボディーカラーやアウトドアレジャー向けの装備が採用されている。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • 三菱デリカD:5プロトタイプ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.17 試乗記 目にした人が衝撃を受けるほどの大規模なフェイスリフトで、一躍“時のクルマ”となっている「三菱デリカD:5」。まさにつかみはOKという状況だが、肝心の中身の進化はどうなのか!? オンロードとラフロードで、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る