日産セレナなど3モデルにエアロな特別仕様車

2011.12.20 自動車ニュース

「セレナ」「ラフェスタ」「モコ」にエアロな特別仕様車

日産の特装車を企画・生産・販売するオーテックジャパンは、特別仕様車「セレナ ハイウェイスター Vエアロセレクション」「ラフェスタ ハイウェイスター エアロパッケージ」「モコ エアロスタイル」を設定し、2011年12月20日に発売した。

今回の“エアロシリーズ”は、その名のとおり、エアロパーツで外観をドレスアップした特別仕様車。3車種それぞれの主な特別装備と価格は、以下のとおり。

■セレナ ハイウェイスター Vエアロセレクション

・フロントプロテクター
・専用ダーククロムグリル
・LEDフォグランプ
・LED式ハイマウントストップランプ

ボディーカラーは、特別色の「オーロラモーヴ」と「ブリリアントホワイトパール」を含む全5色。価格は、FF車が279万5100円で、4WD車が302万9250円。

■ラフェスタ ハイウェイスター エアロパッケージ

・フロントプロテクター
・エアロマッドガード
・キッキングプレート

ボディーカラーは、「アルミニウムシルバー」に特別色の「スパークリングブラック」「クリスタルパールホワイト」を加えた全3色で、価格は「ハイウェイスター Jエアロパッケージ」(FF車)の204万4350円から「ハイウェイスター Gエアロパッケージ」(4WD車)の253万5750円まで。

■モコ エアロスタイル

・フロントプロテクター
・シルバー塗装の専用フロントグリル
・サイドシルプロテクター
・リアアンダープロテクター
・ホワイトリングイルミネーション付き専用フォグランプ

ボディーカラーは、特別塗装色「スノーパールホワイト」を含む全4色。価格は、「Xエアロスタイル」(FF車)の129万9900円から「G FOURエアロスタイル」(4WD車)の169万9950円まで。

(webCG 関)

「セレナ ハイウェイスター Vエアロセレクション」
「セレナ ハイウェイスター Vエアロセレクション」 拡大
「ラフェスタ ハイウェイスター Gエアロパッケージ」
「ラフェスタ ハイウェイスター Gエアロパッケージ」 拡大
「モコ Gエアロスタイル」
「モコ Gエアロスタイル」 拡大

関連キーワード:
モコ, ラフェスタ, セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る