北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

2011.12.16 自動車ニュース

北極イメージのジープ、2つのモデルで限定発売

クライスラー日本は、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド Arctic(アークティック)」と「ジープ・チェロキー Arctic(アークティック)」を、それぞれ100台と15台の限定で2012年1月14日に発売する。

今回限定で発売される「アークティック」シリーズは、「イエティ(雪男)を探索すべく北極圏へと向かうジープ」をイメージして、内外装をドレスアップしたという特別仕様車だ。

前者は、2012年モデルの「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」がベース。エクステリアは、「ブライトホワイト」または専用色「ウィンターチル」のボディーに専用のバッジやイエティの足跡をかたどったデカールが添えられ、さらにセミグロスブラックカラーの17インチホイールなどで飾られる。インテリアについても、イエティを描き込んだ専用シートやモパー製のラバーフロアマットなどが与えられる。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・モパー製ブラックカラーフューエルフィラードア
・セミグロスブラックカラー17インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・ブルーグレーカラーインストゥルメントクラスター(イエティのイラスト入り)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・モパー製Jeepロゴ入りラバーフロアマット

価格は408万円。ボディーカラーごとに、ブライトホワイトが40台、ウィンターチルは60台の限定で販売される。

もう1台の「ジープ・チェロキー アークティック」も、2012年モデルの「ジープ・チェロキー」をベースに同様のカスタマイズが施されている。
こちらのボディーカラーは、ブライトホワイトのみ。主に、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】
・Arcticロゴバッジやデカールなどの専用デコレーション
・ブラックヘッドライトベゼル
・セミグロスブラックカラー16インチアルミホイール

【インテリア】
・Arcticロゴ入り専用クロスシート(フロントシートヒーター付き)
・タンジェリンカラーステッチ入りの革巻きステアリングホイール、アームレスト
・サテンシルバーのパネル類
・サブウーハー付きインフィニティ製スピーカー

価格は338万円。こちらは15台の限定となる。

(webCG 関)

「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド アークティック」 拡大
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。
「ジープ・ラングラー」モデルのフェンダーに添えられる、イエティの足跡をかたどったデカール。 拡大
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。
専用シートの背もたれには、ごらんの刺しゅうが入れられる。 拡大
「ジープ・チェロキー アークティック」
「ジープ・チェロキー アークティック」 拡大
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。
イエティのイラストが添えられるインストゥルメントクラスター。 拡大

関連キーワード:
ラングラー, チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目 2018.10.1 自動車ニュース FCAジャパンが、新型「ジープ・ラングラー」を2018年10月25日に日本で正式発表する。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型はラングラーとしては4代目にあたり、まずは導入記念限定車を含む3種類のモデルが日本に導入される。
ホームへ戻る