メルセデス「Eクラス」に専用内装の特別仕様車

2014.05.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」 拡大

「メルセデス・ベンツEクラス」に1周年記念の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2014年5月28日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンに特別仕様車「E250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、現行型Eクラスが2013年5月の発売から1年を経たのに合わせて設定したもので、特別なインテリアの仕立てや充実した機能装備などが特徴となっている。

ベースとなったのは2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「E250アバンギャルド」で、インテリアにマット調の専用ブラウンアッシュウッドトリムを採用したほか、前後席ともにヒーターを内蔵した本革シートを装備している。

また、車両周囲の状況を4つのカメラによって確認できる「360°カメラシステム」も標準で備える。

色はボディーカラーがダイヤモンドホワイト、インテリアカラーがブラックの組み合わせ。セダンが300台、ステーションワゴンが200台の限定販売となる。

価格はセダンが699万円、ステーションワゴンが735万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る