メルセデス「Eクラス」に専用内装の特別仕様車

2014.05.29 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」
「メルセデス・ベンツE250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」 拡大

「メルセデス・ベンツEクラス」に1周年記念の特別仕様車

メルセデス・ベンツ日本は2014年5月28日、「Eクラス」のセダンとステーションワゴンに特別仕様車「E250アバンギャルド 1stアニバーサリーエディション」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、現行型Eクラスが2013年5月の発売から1年を経たのに合わせて設定したもので、特別なインテリアの仕立てや充実した機能装備などが特徴となっている。

ベースとなったのは2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「E250アバンギャルド」で、インテリアにマット調の専用ブラウンアッシュウッドトリムを採用したほか、前後席ともにヒーターを内蔵した本革シートを装備している。

また、車両周囲の状況を4つのカメラによって確認できる「360°カメラシステム」も標準で備える。

色はボディーカラーがダイヤモンドホワイト、インテリアカラーがブラックの組み合わせ。セダンが300台、ステーションワゴンが200台の限定販売となる。

価格はセダンが699万円、ステーションワゴンが735万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Eクラス セダン, Eクラス ステーションワゴン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Eクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(前編) 2021.4.1 谷口信輝の新車試乗 高級サルーンの代名詞的存在である「メルセデス・ベンツSクラス」が7代目に進化。走り慣れたワインディングロードで早速ステアリングを握った谷口信輝だったが、その反応は何やらいつもとは違うようで……。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(後編) 2021.4.8 谷口信輝の新車試乗 日ごろからさまざまなメルセデス・ベンツ車を経験している、レーシングドライバー谷口信輝。そんな“メルセデス通”を驚かせた、新型「Sクラス」の乗り味とは? プロが感じた走りの特徴についてリポートする。
ホームへ戻る