ドレスアップした「スズキ・スペーシア」登場

2014.06.12 自動車ニュース
「スズキ・スペーシアXリミテッド」
「スズキ・スペーシアXリミテッド」 拡大

ドレスアップした「スズキ・スペーシア」登場

スズキは2014年6月12日、軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」シリーズの特別仕様車「スペーシアXリミテッド」「スペーシア カスタムXSリミテッド」を発売した。

今回の特別仕様車は、「スペーシアX」「スペーシア カスタムXS」のレーダーブレーキサポート装着車をベースに、内外装をドレスアップし、装備を強化したものである。

主な装備内容は以下の通り。

■スペーシアXリミテッド
・メッキフロントグリル
・フロント、サイド、リアアンダースポイラー
・ルーフエンドスポイラー
・メッキバックドアガーニッシュ
・14インチアルミホイール
・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
・カラードドアハンドル(スチールシルバーメタリック、ただしバックドアハンドルは車体色同色となる)
・ブラック内装(インパネ、ドアトリム、フロアカーペット、ステアリングホイール等)
・専用ファブリックシート表皮(グレー)
・専用ドアトリムクロス(グレー)
・シルバードアアームレスト
・シルバーインサイドドアハンドル
・シルバーオーディオガーニッシュ
・メッキシフトノブボタン
・自発光メーター(常時照明式、スペーシア カスタム仕様)
・ディスチャージヘッドランプ(ロービーム、オートレベリング機構付き)
・オートライトシステム
・助手席バニティーミラー(チケットホルダー付き)

「スペーシア カスタムXSリミテッド」
「スペーシア カスタムXSリミテッド」 拡大
 
ドレスアップした「スズキ・スペーシア」登場の画像 拡大
 
ドレスアップした「スズキ・スペーシア」登場の画像 拡大

■スペーシア カスタムXSリミテッド
・専用ブラックメッキフロントグリル(スケルトンタイプ)
・専用ブラックメッキヘッドランプ
・LEDイルミネーション(フロントバンパー)
・専用15インチアルミホイール(ブラック塗装)
・専用ファブリックシート表皮(一部レザー調、シルバーステッチ)
・専用ドアトリムクロス(レザー調)
・本革巻きステアリングホイール(一部シルバー塗装、シルバーステッチ)

■両モデル共通の追加装備、機能
・後席両側ワンアクションパワースライドドア(挟み込み防止機構付き)
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
・ステアリングオーディオスイッチ
・運転席&助手席シートヒーター
・リアヒーターダクト
・ヒーター性能の向上(エンジン始動直後の低水温時にCVTクーラーへのエンジン冷却水の流れを遮断し、短時間で冷却水を温めることで、ヒーターが効き始めるまでの時間を短縮)

外装色は、スペーシアXリミテッドが特別色の「アーバンブラウンパールメタリック」「クールカーキパールメタリック」「スチールシルバーメタリック」を含む全5色、スペーシア カスタムXSリミテッドが、特別色となるツートンカラーの「フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ」「スチールシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ」「パールホワイト ブラック2トーンルーフ」に、モノトーンの4色を加えた全7色の設定となる。

価格は以下の通り。
・スペーシアXリミテッド(FF):150万6600円
・スペーシアXリミテッド(4WD):162万4320円
・スペーシア カスタムXSリミテッド(FF):165万2400円
・スペーシア カスタムXSリミテッド(4WD):177万120円

(webCG)
 

関連キーワード:
スペーシア, スペーシア カスタム, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スペーシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 「王道」に挑むのは「SUV風」と「未来顔」
    軽自動車の“カスタム顔”バトルが新時代に突入!
    2019.6.19 デイリーコラム 標準顔と“カスタム顔”の2本立てがスタンダードだった軽乗用車のデザインに、新たな流れが湧き起こりつつある。「SUV風」で攻めるスズキと三菱、「未来顔」を世に問うホンダ、そして王道を突き進むダイハツ……。それぞれの思惑とは!?
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る