ジープから「黒」がテーマの特別仕様車が登場

2014.06.26 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド アルティテュード」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド アルティテュード」
    拡大

ジープから「黒」がテーマの特別仕様車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2014年6月26日、「ジープ・ラングラー アンリミテッド」と「ジープ・グランドチェロキー」に、特別仕様車「Altitude(アルティテュード)」を設定し、同年7月5日よりそれぞれ200台ずつの限定で販売すると発表した。

「グランドチェロキー アルティテュード」
「グランドチェロキー アルティテュード」
    拡大

ジープの「アルティテュード」シリーズは、ブラックを基調として内外装をドレスアップした特別仕様車である。同名のモデルとしては、ラングラーは2回目、グランドチェロキーは3回目の設定となるが、ボディーカラーや装備を見直すなどの変更が行われている。

各モデルの特別装備は以下の通り。

■ラングラー アンリミテッド アルティテュード
(ベース車:アンリミテッド サハラ)
・ピアノブラックインテリアアクセント
・ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)
・ブラックカラーステッチ入りセンターアームレスト、ドアアームレスト
・アルティテュード専用カーゴルームマット
・アルティテュード専用フロアマット
・サテングロスブラックフロントグリル
・アルティテュード専用マットブラックボンネットデカール
・グロスブラックJeepバッジ
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・18インチアルミホイール(グロスブラックカラー)
・ボディー同色ハードスペアタイヤカバー

■グランドチェロキー アンリミテッド アルティテュード
(ベース車:ラレード)
・ブラックスエード/レザーコンビシート
・ボディー同色フロント/リアバンパー(グロスブラックアクセント付き)
・グロスブラックアクセント付きフロントフォグランプベゼル
・ボディー同色グリル(グロスブラック/プラチナアクセント付き)
・ダークグレーヘッドライトベゼル
・グロスブラックJeepバッジ
・ブラックルーフモールディング
・ボディー同色サイドシル
・デュアルクロムマフラーカッター
・20インチアルミホイール(グロスブラックカラー)
・クォドラリフトエアサスペンション

ボディーカラーは両モデルともに3種類の設定。販売台数は、ラングラーは「ブラック」が100台、「ブライトホワイト」が50台、「アンヴィル」が50台の計200台。グランドチェロキーは「ブリリアントブラッククリスタル」が100台、ブライトホワイトが70台、「グラナイトクリスタルメタリック」が30台の計200台となる。

価格はラングラーが429万8400円、グランドチェロキーが474万1200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ラングラー, グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
ホームへ戻る