さらに低燃費な「ダイハツ・ミラ イース」登場

2014.07.09 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」
    拡大

さらに低燃費な「ダイハツ・ミラ イース」登場

ダイハツ工業は2014年7月9日、軽乗用車「ミラ イース」を一部改良し、販売を開始した。

■純ガソリン車としてはトップの燃費性能を実現

今回の改良は燃費性能の改善が中心となっており、エンジンに関しては圧縮比を従来の11.3から12.2に高めたほか、吸気ポートを改良し混合気の渦流(タンブル)を強化。点火初期火炎拡大のために高着火スパークプラグを採用するなどして、熱効率を向上させた。

また、高圧縮比化に伴うノッキングを回避するためにアトキンソンサイクルやデュアルインジェクターを採用。前者についてはポンピングロスの低減にも、後者については燃焼の安定化にも貢献しているという。

このほかにも、リアタイヤの前にディフレクターを装着することで走行時の空気抵抗を低減。オルタネーターについては減速時の発電量をより高め、加速・走行時の発電を抑制し、エンジン負荷を低減した。

これらの技術により、ミラ イースはFF車で35.2km/リッター、4WD車で32.2km/リッターという燃費性能を実現した。

■オプションで黒いシートが選択可能に

装備や内装に関しては、新たに「G“SA”」「Gf“SA”」「X」「X“SA”」「Xf」「Xf“SA”」に、黒いシート表皮などをセットにした「ブラックインテリアパック」をオプションとして設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・D(FF):76万6286円
・L(FF):91万5429円
・L“SA”(FF):96万6857円
・X(FF):102万8571円
・X“SA”(FF):108万円
・G“SA”(FF):121万3715円
・Lf(4WD):101万8286円
・Lf“SA”(4WD):106万9714円
・Xf(4WD):113万1429円
・Xf“SA”(4WD):118万2875円
・Gf“SA”(4WD):131万6572円

(webCG)
 

関連キーワード:
ミライース, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミライース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・ミラ/ミラカスタム(20) 2006.12.20 画像・写真 ダイハツの軽乗用車「ミラ」がフルモデルチェンジされ、7代目に。ベーシックな「ミラ」と、上級「ミラカスタム」の2種類を紹介。
  • ホンダNSX(前編) 2020.11.8 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ホンダNSX」の最新モデルに試乗。クルマを降りた直後の口ぶりからは、何やら仕上がりに気になるところがあるようだ。山野の感性がとらえた、和製ハイブリッドスーパースポーツの未完成なポイントとは!?
ホームへ戻る