日本限定の「ロールス・ロイス・ゴースト」登場

2014.07.11 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・ゴースト」の「Cornes Golden Jubilee Collection」
「ロールス・ロイス・ゴースト」の「Cornes Golden Jubilee Collection」
    拡大

日本限定の「ロールス・ロイス・ゴースト」登場

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2014年7月11日、日本限定のビスポークコレクション「GHOST - Cornes Golden Jubilee Collection(ゴースト コーンズ ゴールデンジュビリーコレクション)」を発表した。

 

ロールス・ロイス・ゴーストのCornes Golden Jubilee Collectionは、日本市場でロールス・ロイス車の販売を担うコーンズと、ロールス・ロイスとのパートナーシップ50周年を記念して制作された、特別仕様車だ。

ベースモデルは、601psの6.6リッターV12エンジンを搭載する「ゴースト V スペシフィケーション」で、インフィニティブラックのボディーカラーやゴールドのコーチライン、ゴールドのパイピングが施された漆黒の革内装、ピアノブラックのウッドパネル、「50th Anniversary Edition」のロゴ入りトレッドプレート、七宝焼エンブレムなどの特別装備が与えられる。

価格は、3840万円。

2014年秋には、2ドアクーペ「レイス」をベースとした「WRAITH - Cornes Golden Jubilee Collection」も導入する予定だという。

(webCG)

関連キーワード:
ゴースト, ロールス・ロイス, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ゴースト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ゴースト 2020.9.2 画像・写真 「ロールス・ロイス・ゴースト」の新型が、2020年9月1日(現地時間)にデビューした。同ブランドの歴史において最も成功したという一台は、今回のモデルチェンジでどのように生まれ変わったのか? その姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイスが新型「ゴースト」を発表 従来モデルからシャシーもエンジンも全面刷新 2020.9.2 自動車ニュース ロールス・ロイスのラグジュアリーサルーン「ゴースト」がフルモデルチェンジ。アルミスペースフレームを用いた車体に6.75リッターV12エンジンを搭載しており、新開発のサスペンションシステムや、四輪駆動、全輪操舵の採用もトピックとなっている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ロールス・ロイスが新型「ファントム」を発表 2017.7.28 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年7月27日(現地時間)、新型「ファントム」を発表した。ファントムはロールス・ロイスのフラッグシップサルーンである。約14年ぶりにフルモデルチェンジされた新型は、通算で8代目のモデルとなる。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
ホームへ戻る