「三菱パジェロ」がフロントマスクを一新

2014.07.17 自動車ニュース
「三菱パジェロ スーパーエクシード」
「三菱パジェロ スーパーエクシード」
    拡大

「三菱パジェロ」がフロントマスクを一新

三菱自動車は2014年7月17日、SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。

 

今回の改良は、外観のデザイン変更と内装の質感向上が主な内容となっており、エクステリアでは新しい意匠のフロントバンパーとラジエーターグリルを採用。ロングボディーの「スーパーエクシード」「エクシード」、ショートボディーの「VR-II」では、フロントバンパーの左右コーナー部にLEDポジションランプとフォグランプを装備した。またロングボディーのスーパーエクシード、エクシードでは、スペアタイヤカバーのデザインも変更している。

一方インテリアについては、ロングボディーのスーパーエクシードのセンターパネルを木目調に、ロングボディーのエクシードとショートボディーのVR-IIのセンターパネルをピアノブラック調に変更。全グレードでエアコンの吹き出し口にシルバーおよびメッキの加飾を採用した。

また、インストゥルメントパネルとドアトリムに吸遮音材を追加することで、車内の静粛性を向上させている。

ラインナップと価格は以下の通り。

■ショートボディー
・VR-I(3リッターガソリン):292万1400円
・VR-II(3.2リッターディーゼル):397万9800円

■ロングボディー
・GR(3リッターガソリン):327万2400円
・GR(3.2リッターディーゼル):375万1920円
・エクシード(3リッターガソリン):381万7800円
・エクシード(3.2リッターディーゼル):426万600円
・スーパーエクシード(3.2リッターディーゼル):493万200円

(webCG)
 

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売 2019.4.24 自動車ニュース 三菱自動車は2019年4月24日、「パジェロ」に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、700台の台数限定で販売を開始した。3.2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「エクシード」をベースに、人気オプションを標準装備としている。
  • トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上 2020.8.3 自動車ニュース トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良。2.8リッターディーゼルエンジンの最高出力を204PSに向上させたほか、「Toyota Safety Sense」の機能強化を図った。同時に特別仕様車「TX“Lパッケージ ブラックエディション”」も発売した。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(後編)【試乗記】 2020.8.7 試乗記 「BMW X3 M40d」に続いて試乗したのは、アルピナの高性能SUV「XD3」。その走りは、スポーティーさを前面に押し出すX3 M40dとは一味違う、アルピナらしい上質感にあふれたものだった。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る