専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

2014.08.20 自動車ニュース
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」
「スズキ・エスクード ランドブリーズ」
    拡大

専用内外装の特別な「スズキ・エスクード」登場

スズキは2014年8月20日、SUV「エスクード」に特別仕様車「ランドブリーズ」を設定し、販売を開始した。

今回のランドブリーズは、LEDリングイルミネーション付きフォグランプやガンメタリック塗装の18インチアルミホイールなどを装着したエクステリアや、ブラックを基調に各所にシャンパンゴールドの加飾を取り入れたインテリアが特徴の特別仕様車である。

装備については、電動サンルーフや本革巻きのステアリングホイール、専用フロアマットを採用。また、フロントシートの背もたれと座面には「クオーレモジュレ」と呼ばれる、はっ水機能に加え、夏は熱くなりにくく冬は冷たく感じにくい特性を備えた素材を用いることで、快適性と機能性を高めている。

主な装備については、以下の通り。
・メッキフロントグリル(スモーククリア塗装)
・LEDリングイルミネーション付きマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
・専用ブラックメッキリアライセンスガーニッシュ
・専用ボディーサイドメッキモール
・バックドアモール(光輝処理)
・専用18インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・ルーフレール
・ルーフエンドスポイラー
・マフラーテールカバー
・「LANDBREEZE」エンブレム(左右フロントドア、バックドア)
・電動サンルーフ
・専用シート表皮(クオーレモジュレ採用、フロントのみ)
・専用ドアトリムクロス(シルバーステッチ付き)
・本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ)
・専用インパネセンターガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用ステアリングベゼル(シャンパンゴールド)
・専用シフトノブガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・専用メーターリング(シャンパンゴールド)
・専用サイドルーバーリング(シャンパンゴールド)
・専用ドアトリムガーニッシュ(シャンパンゴールド)
・ステアリングオーディオスイッチ
・専用フロアマット(「LANDBREEZE」ロゴ入り)

ボディーカラーは特別設定色の「スチールシルバーメタリック」「クールカーキパールメタリック」に、「ブルーイッシュブラックパール3」「パールホワイト」を加えた全4色。価格は242万2440円。

なお、今回の特別仕様車の設定と同時に、カタログモデルについても一部改良を実施。新デザインのシート表皮を採用したほか、ESPを全車に標準装備とした。

(webCG)
 

関連キーワード:
エスクード, スズキ, 自動車ニュース

スズキ エスクード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • スズキ・エスクード 2015.10.15 画像・写真 スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。FFベースのプラットフォームに1.6リッター直4エンジンを搭載しており、駆動方式にはFFとフルタイム4WDの2種類を用意。ハンガリーで生産される欧州生まれのニューモデルを写真で紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • 新型コンパクトSUV「日産マグナイト」がデビュー 2020.10.21 自動車ニュース マグナイトは日産がインドで初めて扱う全長4m以下のSUVで、その名は「Magnetic(魅力のある)」と「Ignite(感情を喚起する)」に由来。2021年初頭に同国で発売された後は、その他の地域でも展開される。
ホームへ戻る