ダイハツ・ミラ ココア、仕様変更で燃費も向上

2014.08.26 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」
「ダイハツ・ミラ ココア プラスX」
    拡大

「ダイハツ・ミラ ココア」仕様変更で燃費も向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ ココア」の仕様・装備を変更し、2014年8月26日に発売した。

「ミラ ココアX」
「ミラ ココアX」
    拡大

「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。


    「ミラ ココア プラスX」のインストゥルメントパネル(ブラウン)。
    拡大
「ミラ ココアX」のシート。
「ミラ ココアX」のシート。
    拡大

今回の仕様変更では、15色のボディーカラーと9種類の内装色を設定。外装デザインの違いも含め、計160通りのバリエーションから好みの組み合わせが選べるようになった。

そのほか内外装については、LEDを使ったヘッドランプ/クリアランスランプ/イルミネーションランプや、新デザインの自発光3眼メーターとオーディオフェイス、高輝度LEDを用いたルームランプが新たに採用された。

フロントバンパーの意匠も変更(一部グレードを除く)。さらに「ミラ ココア プラスX」には、大型メッキグリルやグレード名の“+”をモチーフにしたハッピークローバーエンブレムなどが与えられ、「2トーンセレクション」は、ホイールキャップ中心部が車体色と同色に。パールホワイト塗装の見切り位置も変更された。

機能面では燃費の向上がトピック。クールドi-EGRやCVTサーモコントローラーの採用により、FF車は29.0km/リッター、4WD車は26.8km/リッター(ともにJC08モード値)を達成した。

フロントアームブッシュの特性変更による乗り心地の改善や、カウル/インストゥルメントパネルへの吸音材追加による静粛性向上、キーフリーシステムと同システム連動のオート格納式カラードドアミラー(一部グレードを除く)、エマージェンシーストップシグナルの採用も、今回のマイナーチェンジにおけるポイントだ。

価格(FF車)は以下の通り。4WD車はそれぞれ14万400円高となる。

・ミラ ココアL:118万8000円
・ミラ ココアX:129万6000円
・ミラ ココアX“スマートセレクションSN”:137万7000円
・ミラ ココア プラスX:140万4000円
・ミラ ココア プラスX“スマートセレクションSN”:148万5000円

(webCG)

関連キーワード:
ミラココア, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミラココア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・ミラ/ミラカスタム(20) 2006.12.20 画像・写真 ダイハツの軽乗用車「ミラ」がフルモデルチェンジされ、7代目に。ベーシックな「ミラ」と、上級「ミラカスタム」の2種類を紹介。
  • ホンダNSX(前編) 2020.11.8 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ホンダNSX」の最新モデルに試乗。クルマを降りた直後の口ぶりからは、何やら仕上がりに気になるところがあるようだ。山野の感性がとらえた、和製ハイブリッドスーパースポーツの未完成なポイントとは!?
ホームへ戻る