クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

かわいい戦線異状あり! “ジェンダーレス化”するおしゃれ系軽乗用車の進化論

2022.09.02 デイリーコラム

「ムーヴ キャンバス」にみる最新の潮流

新型「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」のCMキャラクターを務めているのは、伊藤沙莉。このところ出演オファーが引きも切らない人気若手女優だ。今年公開の映画『ちょっと思い出しただけ』や連ドラ『ミステリと言う勿れ』ではシリアスな演技を見せたが、お笑いコンビ「オズワルド」のツッコミを兄に持つだけあって、コメディエンヌとしても評価が高い。

CMでは「私とキャンバスは似ている」というセリフがある。ちょっとファニーで親しみやすいというムーヴ キャンバスのキャラクターを彼女が体現していると考えて起用したのだろう。初代モデルのCMは高畑充希がキャスティングされていたから、方針はブレていない。おしゃれで元気のいい女性が選ぶかわいくて実用的な軽自動車という路線は、今回も貫かれている。バスをイメージしたデザインも継承され、丸みを帯びたフォルムもそのまま。一見しただけでは、どこが変わったのかわからないほどだ。

好評で売れ行きもよかったのだから、キープコンセプトは定石どおりである。正しい判断だと思うが、時代は令和なのだ。いつまでも「女性=かわいい」という公式を引きずっていていいものか。そういう疑問が生じるが、ダイハツだって百も承知だ。新型では2種の仕様が用意されていて、「ストライプス」がかわいい路線を引き継ぎ、「セオリー」がビターな大人スタイルを提唱している。初代にはなかったターボエンジンを採用したことも、従来とは異なるターゲットに向けた変更だろう。

これを女性向けのファンシーなストライプスと男性向けのシックなセオリーと解釈すると、短絡的と言われてしまう。女の子は赤のランドセル、男の子は黒のランドセルと決めつけるのと同様、今ドキではNGである。ぺこ&りゅうちぇるを見ればわかるように、生き方も好みも多様性が求められている。セオリーのCMには女性2人と男性1人が登場しており、広い層にアピールしようとしているようだ。

新型「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」には、“オトナ路線”を標榜(ひょうぼう)する「セオリー」というモデルがラインナップされる。(写真:花村英典)
新型「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」には、“オトナ路線”を標榜(ひょうぼう)する「セオリー」というモデルがラインナップされる。(写真:花村英典)拡大
「ムーヴ キャンバス」に設定される2つのモデル。右手前が従来型のイメージを踏襲した「ストライプス」。左奥が新たに設定された「セオリー」だ。
「ムーヴ キャンバス」に設定される2つのモデル。右手前が従来型のイメージを踏襲した「ストライプス」。左奥が新たに設定された「セオリー」だ。拡大
ブラウンのトリムにネイビーブルーのシートと、「セオリー」ではインテリアも既存の“かわいい系軽乗用車”とは趣の異なるものとなっている。
ブラウンのトリムにネイビーブルーのシートと、「セオリー」ではインテリアも既存の“かわいい系軽乗用車”とは趣の異なるものとなっている。拡大
先代の好調を受け、デザインはキープコンセプトで登場した新型「ムーヴ キャンバス」だが、「セオリー」の設定には新しい試みがみられる。
先代の好調を受け、デザインはキープコンセプトで登場した新型「ムーヴ キャンバス」だが、「セオリー」の設定には新しい試みがみられる。拡大
スズキ ワゴンRスマイル の中古車

1961年に登場した最初の“女性仕様”

とはいえストライプスの特設サイトを見ると、2人の女性インフルエンサーを起用してコーディネート例を紹介していた。明言してはいないものの、やはりストライプスは女性仕様という位置づけなのだろう。ボディーカラーにはビビッドすぎないピンクやイエロー、ベージュなどがあり、ホワイトパールと組み合わされている。

そもそも“パステルカラーのツートン”というのは、女性向けというわかりやすい記号だった。長い歴史があり、固定されたイメージが出来上がっている。日本における最初の女性仕様車といわれているのが、1961年に発売された「ダットサン・ブルーバード1200ファンシーデラックス」だ。専用のボディーカラーはピンクとレモンイエローがあり、いずれもツートン。化粧ポーチやハイヒールスタンドを装備し、ウインカーを作動させるとオルゴールサウンドが流れたという。女性ドライバーが珍しかった時代で、あからさまな差異化を図っていた。

1980年代には、女性仕様の軽自動車が花盛りとなる。なかでも強い印象を残したのが、「スズキ・アルト」の「麻美スペシャル」だった。小林麻美をイメージキャラクターにした特別仕様車で、スカートをはいていても乗り込みやすい「回転ドライバーシート」がウリだった。『雨音はショパンの調べ』が大ヒットして、小林麻美という名前がおしゃれの同義語として使われていた頃である。かわいいというよりは都会的でスタイリッシュな女性だったが、クルマのほうはやはり内外装にパステルカラーがふんだんに使われていた。

特別仕様車ではなく、独立したモデルも企画される。1999年にデビューした「ダイハツ・ミラジーノ」は軽セダンの「ミラ」をベースにしてつくられた。丸目ヘッドライトのクラシックなスタイルがイギリスの有名な小型車を思い起こさせる。2004年にはハイトワゴンの「ムーヴ」から派生した「ムーヴラテ」が、2009年にはミラジーノの後継車と目される「ミラココア」が登場する。一方、2008年にはユニセックスなデザインの「ムーヴコンテ」も登場するが、そのコンセプトは1代限りで途絶えてしまった。

スズキが2002年から販売しているのが「アルトラパン」だ。ラパンとはウサギのことで、エンブレムには長い耳を持つアイコンが。車内にも至るところにウサギのモチーフがデザインされている。優しげなフォルムに似合うのはやはりパステルカラーで、ユーザーのほとんどは女性だという。ファンシーな見た目でも基本性能はしっかりしていて、3代にわたってつくり続けられている。

初代「ブルーバード」に設定された女性向け仕様の「1200ファンシーデラックス」。パステルカラー=女性向け、というイメージは、当時からあったようだ。
初代「ブルーバード」に設定された女性向け仕様の「1200ファンシーデラックス」。パステルカラー=女性向け、というイメージは、当時からあったようだ。拡大
1985年に登場した「スズキ・アルト 麻美スペシャル」。歌手・女優の小林麻美をイメージキャラクターにしていたが、パステル調の内外装は当人のイメージとはちょっとかけ離れていた。
1985年に登場した「スズキ・アルト 麻美スペシャル」。歌手・女優の小林麻美をイメージキャラクターにしていたが、パステル調の内外装は当人のイメージとはちょっとかけ離れていた。拡大
ダイハツが1999年に発売した初代「ミラジーノ」。メーカーとしてはクラシックテイストを好むユーザー向けに用意したモデルのようだが、結果的に、女性に好まれることとなった。
ダイハツが1999年に発売した初代「ミラジーノ」。メーカーとしてはクラシックテイストを好むユーザー向けに用意したモデルのようだが、結果的に、女性に好まれることとなった。拡大
女性をターゲットにした軽ハイトワゴンとして、2004年に登場した「ダイハツ・ムーヴラテ」。
女性をターゲットにした軽ハイトワゴンとして、2004年に登場した「ダイハツ・ムーヴラテ」。拡大
2002年登場の初代「スズキ・アルトラパン」。ターボエンジンを搭載したスポーティーな「SS」も存在したが、2代目以降は設定されていない。
2002年登場の初代「スズキ・アルトラパン」。ターボエンジンを搭載したスポーティーな「SS」も存在したが、2代目以降は設定されていない。拡大

“おしゃれな軽=女性仕様”という発想は古い

潮目が変わったと感じさせたのは、2018年に登場した「ダイハツ・ミラ トコット」だった。ミラココアの後継ということになっているが、まったく違う哲学を持つ。シンプルな面と線で構成されたスクエアなフォルムで、内装は水平基調。無駄な装飾がなく、ストイックにも見える。イメージカラーの「セラミックグリーンメタリック」はパステル調ではあるものの、下地塗装色にも見える地味な色である。

開発当初は従来の女性イメージをなぞっていたというが、女子社員たちが反旗を翻した。実情とは違う“女性らしさ”にガマンがならなかったのだ。広報資料には<チーフエンジニアやマネジャーたちの持っている、「女性イコール“かわいい”物好き」という従来の固定観念を覆すのは非常に難しいことでした>という彼女たちの言葉が記されている。

残念ながら売れ行きはあまり伸びていないが、ミラ トコットがまいた種は着実に育っているのだろう。ムーヴ キャンバスに対抗してスズキが2021年に発売した「ワゴンRスマイル」は、男女を問わずパーソナルユースのオーナー層をターゲットに想定している。モノトーンカラーが4種選用意されていて、ツートンも組み合わせる色はホワイトだけでなくブラックやブラウンも選べる。丸みを帯びているものの甘すぎないフォルムだから、いわゆる“女の子っぽい”デザインではない。

60年の歴史を持つ女性仕様車の流れをくみながら、こうしたトレンドの先頭に立っているのが新しいムーヴ キャンバスである。“かわいい”もいいけど“シック”も捨てがたい。自分で選べることが大切なのだ。そして、新しい価値観は男性に対しても開かれている。クルマがマッチョさをアピールする道具だと思っているような男は、伊藤沙莉に蹴飛ばされても仕方がない。

(文=鈴木真人/写真=花村英典、向後一宏、ダイハツ工業、スズキ、webCG/編集=堀田剛資)

若い女性エントリーユーザーをターゲットにした軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。近年の若い女性が持つ感性について、あらためて考え直して企画されたモデルだった。(写真:向後一宏)
若い女性エントリーユーザーをターゲットにした軽乗用車「ダイハツ・ミラ トコット」。近年の若い女性が持つ感性について、あらためて考え直して企画されたモデルだった。(写真:向後一宏)拡大
スズキが2021年に発売した「ワゴンRスマイル」。初代「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」の好調を受けて企画されたモデルだが、「かわいい一辺倒ではないおしゃれ系のモデル」という方向性に、ライバルより一足早く踏み出すこととなった。(写真:向後一宏)
スズキが2021年に発売した「ワゴンRスマイル」。初代「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」の好調を受けて企画されたモデルだが、「かわいい一辺倒ではないおしゃれ系のモデル」という方向性に、ライバルより一足早く踏み出すこととなった。(写真:向後一宏)拡大
ダイハツの純正用品を装着した新型「ムーヴ キャンバス」。かわいいからといって女性向けではないし、色味が落ち着いているからといって男性向けとは限らない。最新のおしゃれ系軽乗用車には、多様化する日本の若者(ひょっとしたら大人も?)の価値観が反映されているのだ。(写真:花村英典)
ダイハツの純正用品を装着した新型「ムーヴ キャンバス」。かわいいからといって女性向けではないし、色味が落ち着いているからといって男性向けとは限らない。最新のおしゃれ系軽乗用車には、多様化する日本の若者(ひょっとしたら大人も?)の価値観が反映されているのだ。(写真:花村英典)拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ ワゴンRスマイル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。