VWが「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

2014.09.02 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」 拡大

フォルクスワーゲンがスポーティーに装った「ゴルフヴァリアント Rライン」を発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年9月2日、ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に、内外装をスポーティーに仕立てた「Rライン」を追加して発売した。

リアビュー。
リアビュー。 拡大
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。
5ダブルスポークタイプの17インチ専用アルミホイール。 拡大
「R-Line」ロゴバッジ。
「R-Line」ロゴバッジ。 拡大

ベースとなったグレードは「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」。1.4リッターターボエンジンや7段AT(DSG)はそのままに、フォルクスワーゲンR社が企画・開発した「Rライン」専用の内外装パーツが装着されている。主要なパーツは以下のとおり。

・前後バンパー(後ろはディフューザー付き)
・サイドスカート
・5ダブルスポーク17インチアルミホイール
・「R-Line」ロゴ・フロントグリルバッジ
・ファブリック&アルカンターラ・スポーツシート(「R」ロゴの刺しゅう入り)
・「R」ロゴ・ステアリングスポークオーナメント
・アルミ調ペダルクラスター

さらにインフォテインメント機能を充実させる「ディスカバープロパッケージ」や、サスペンションや電動パワーステアリングの設定を統合的に変える「DCCパッケージ」などのパッケージオプションがそろう。

ボディーカラーは全6色(有償色を1色含む)。希望小売価格は359万9000円。

(webCG)

→「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント Rライン」の詳細な写真はこちら。

関連キーワード:
ゴルフヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
ホームへ戻る