ジャガーの新型セダン「XE」、国内受注始まる

2014.10.03 自動車ニュース

ジャガーの新型セダン「XE」、国内受注始まる

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年10月3日、新型ミドルサイズセダン「ジャガーXE」の特別限定車「XE FIRST EDITION(ファーストエディション)」の予約受注を開始した。

今回のXEファーストエディションは、ジャガーXEがパリモーターショーでデビューしたことを記念して、400台限定で販売されるもの。日本国内で扱われるジャガーXEとしては、“初物”である。

海外のジャガーXEには、スーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンエンジンや「インジニウム」と呼ばれる新開発の2リッター直4ディーゼルエンジンも用意されるものの、XEファーストエディションのパワーユニットは、200psと28.6kgmを発生するガソリンの2リッター直4ターボに限定される。
組み合わされるトランスミッションは、ZF製の8段AT。0-100km/h加速に要する時間は7.7秒で、最高速度は237km/h。燃費は欧州の複合サイクルで7.5リッター/100km(約13.3km/リッター)と公表される。

価格は558万8000円。

ボディーカラーは、以下の5種類がラインナップされる。(カッコ内は組み合わされるインテリアカラー)
・グレイシャーホワイト(ジェット)
・アルティメイト・ブラック(ジェット)
・アルティメイト・ブラック(アーモンド)
・アンモナイト・グレイ(ライトオイスター)
・アンモナイト・グレイ(ジェット)

(webCG)

「ジャガーXEファーストエディション」(写真のボディーカラーはアンモナイト・グレイ)
「ジャガーXEファーストエディション」(写真のボディーカラーはアンモナイト・グレイ)
    拡大

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る