ジャガーの新型セダン「XE」、国内受注始まる

2014.10.03 自動車ニュース

ジャガーの新型セダン「XE」、国内受注始まる

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年10月3日、新型ミドルサイズセダン「ジャガーXE」の特別限定車「XE FIRST EDITION(ファーストエディション)」の予約受注を開始した。

今回のXEファーストエディションは、ジャガーXEがパリモーターショーでデビューしたことを記念して、400台限定で販売されるもの。日本国内で扱われるジャガーXEとしては、“初物”である。

海外のジャガーXEには、スーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンエンジンや「インジニウム」と呼ばれる新開発の2リッター直4ディーゼルエンジンも用意されるものの、XEファーストエディションのパワーユニットは、200psと28.6kgmを発生するガソリンの2リッター直4ターボに限定される。
組み合わされるトランスミッションは、ZF製の8段AT。0-100km/h加速に要する時間は7.7秒で、最高速度は237km/h。燃費は欧州の複合サイクルで7.5リッター/100km(約13.3km/リッター)と公表される。

価格は558万8000円。

ボディーカラーは、以下の5種類がラインナップされる。(カッコ内は組み合わされるインテリアカラー)
・グレイシャーホワイト(ジェット)
・アルティメイト・ブラック(ジェット)
・アルティメイト・ブラック(アーモンド)
・アンモナイト・グレイ(ライトオイスター)
・アンモナイト・グレイ(ジェット)

(webCG)

「ジャガーXEファーストエディション」(写真のボディーカラーはアンモナイト・グレイ)
「ジャガーXEファーストエディション」(写真のボディーカラーはアンモナイト・グレイ)
    拡大

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る