日産「NV200バネット バン」の安全装備を強化

2014.10.16 自動車ニュース
「日産NV200バネット バンGX」
「日産NV200バネット バンGX」
    拡大

日産「NV200バネット バン」の安全装備を強化

日産自動車は2014年10月16日、商用ワンボックス「NV200バネット バン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

追加されたボディーカラー。上から「ラグーンブルー パールメタリック」「タイガーアイブラウン パールメタリック」「ホワイトパール 3コートパール」。
追加されたボディーカラー。上から「ラグーンブルー パールメタリック」「タイガーアイブラウン パールメタリック」「ホワイトパール 3コートパール」。
    拡大
「GX」のシート。
「GX」のシート。
    拡大

今回、AT車に新たに横滑り防止装置のVDCをオプション設定。また「GX」グレードのシートを黒とグレーのツートンカラーとした。

ボディーカラーについても見直しをはかっており、「ラグーンブルー パールメタリック」「タイガーアイブラウン パールメタリック」「ホワイトパール 3コートパール」の3色を新たに設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・DX 2人乗り(5MT):162万7560円
・DX 2人乗り(4AT):169万2360円
・DX ルートバン 2人乗り(5MT):162万7560円
・DX ルートバン 2人乗り(4AT):169万2360円
・DX 2/5人乗り(5MT):171万720円
・DX 2/5人乗り(4AT):177万5520円
・VX 2/5人乗り(5MT):179万1720円
・VX 2/5人乗り(4AT):185万6520円
・GX 2/5人乗り(5MT):189万8640円
・GX 2/5人乗り(4AT):196万3440円
・プレミアムGX 2/5人乗り(4AT):212万5440円

(webCG)
 

関連キーワード:
NV200バネット, 日産, 自動車ニュース

日産 NV200バネット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産NV200バネット(FF/4AT)【試乗記】 2009.6.3 試乗記 日産NV200バネット(FF/4AT)
    ……186万3750円


    2009年5月に発表された「NV200バネット」。その特徴は、かなり個性的なデザインと、抜群の機能性がマッチしていること。クルマを道具として使い倒したいユーザー必見のニューモデルだ。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 「日産セレナ」に車中泊用収納ベッドを備えた「マルチベッド」が登場 2020.2.10 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年2月10日、ミニバン「日産セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、販売を開始した。あわせて「NV200バネット」の車中泊仕様「マルチベッドワゴン」を一部改良し、同年1月31日に発売したと発表した。
  • 「日産NV200バネット ワゴン」に新グレード 2014.9.3 自動車ニュース 日産が「NV200バネット ワゴン」の仕様を変更。上級グレードを追加設定した。
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
ホームへ戻る