メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場

2014.11.27 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク」
「メルセデス・ベンツCLA シューティングブレーク」 拡大

「メルセデス・ベンツCLAクラス」にスポーツワゴンの「シューティングブレーク」登場

独ダイムラーは2014年11月25日、「メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク」を発表した。

 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像 拡大
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像 拡大
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像 拡大
「CLA45 AMGシューティングブレーク」
「CLA45 AMGシューティングブレーク」 拡大
 
メルセデスCLAにスポーツワゴンが登場の画像 拡大

■最高出力360psのAMGモデルもラインナップ

メルセデス・ベンツCLAシューティングブレークは、4ドアクーペ「CLAクラス」をベースとしたワゴンモデルである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4630×1777×1435mm。エクステリアの意匠は、天地方向に薄いガラスエリアや後ろへ行くにつれて緩やかに下降するルーフライン、大きく傾斜したテールゲートなどを取り入れたスポーティーなもので、デザイン性だけでなく、Cd値を0.26に抑えるなど空力性能にも配慮している。

一方インテリアについては、ボディーの後方までルーフラインが伸びたことで、4ドアクーペモデルと比べて後席の室内高が拡大。ラゲッジルームの容量は495リッターで、後席を格納すれば最大で1354リッターの空間を得ることができる。

パワーユニットはガソリンが3種類、ディーゼルが2種類の全5種類(欧州仕様の場合)で、燃費性能は2.1リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「CLA200 CDI」(7G-DCT搭載車)で3.9~4.2リッター/100km(約23.8~25.6km/リッター)を実現。最高出力211psを発生する2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した「CLA250」には、4WD車の「4MATIC」も設定される。

ラインナップは「CLA200 CDI」「CLA220 CDI」「CLA180」「CLA200」「CLA250」「CLA250 4MATIC」の全6種類。パワーユニットや駆動方式に由来するこれらのグレードに加え、装備やデザインの異なる「AMGライン」と「アーバン」の2種類の仕様を用意している。

また、これらのモデルに加え、高性能モデルの「CLA45 AMGシューティングブレーク」も設定される。パワーユニットや駆動システムなどは4ドアの「CLA45 AMG」と共通で、最高出力360ps、最大トルク45.9kgmを発生させる2リッター直4直噴ターボエンジンに7段デュアルクラッチ式AT「AMGスピードシフトDCT」、四輪駆動システム「AMGパフォーマンス4MATIC」の組み合わせ。0-100km/h加速は4.7秒という動力性能を実現している。

本国における販売開始は2015年1月、納車開始は同年3月を予定。CLA45 AMGシューティングブレークのみ、2015年3月のジュネーブショーで発表し、同月発売を予定している。

(webCG)
 

関連キーワード:
CLAシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAシューティングブレーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデス・ベンツEクラス オールテレイン 2016.9.27 画像・写真 独ダイムラーが、パリモーターショー2016(開催期間:2016年9月29日~10月16日)で「メルセデス・ベンツEクラス オールテレイン(All‑Terrain)」を世界初公開すると発表した。EクラスベースのクロスオーバーSUVの姿を、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE220d 4MATICオールテレイン(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.29 試乗記 ステーションワゴンの実用性とSUVらしい姿かたちを特徴とする、「メルセデス・ベンツEクラス」の派生モデルに試乗。他ブランドにも見られるお手軽なクロスオーバーかと思いきや、その走りは、驚くほど素晴らしいものだった。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る