ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表

2014.12.03 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート トワイライト」
「ミツオカ・ビュート トワイライト」 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別な「ビュート」発表

光岡自動車は2014年12月3日、「ビュート」に英国スコットランドの伝統生地素材であるハリスツイードを使用した15台限定の特別仕様車「Viewt twilight(ビュート トワイライト)」を発表した。12月5日に発売する。


ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大

ミツオカ、ハリスツイードの特別なビュート発表の画像 拡大
光岡自動車のデザイナー青木孝憲氏。
光岡自動車のデザイナー青木孝憲氏。 拡大

ビュート トワイライトは、「ビュート12ST」をベースに、たそがれ時の太陽をイメージしたという「トワイライトオレンジ」のボディーカラーをまとい、内装にはスコットランド北西部のハリス&ルイス島に伝わる手織り生地、ハリスツイードが用いられた特別仕様車。

タータンチェックのハリスツイードはシート、インストゥルメントパネル、ドアトリム、ルーフトリムに採用される。
ハリス&ルイス島の職人により手作業で織り上げられるツイード素材は、内装への使用を考慮し、難燃生地としてビュート専用に作られたもので、生地の生産量が限られるため、15台の限定販売となる。

ビュート トワイライトの特別装備は以下の通り。

・専用刺しゅう入りハリスツイードシート
・専用ウッドタイプインパネ
・専用ドアトリム
・専用グリルバッジ
・専用Cピラーエンブレム
・専用ルーフトリム
・専用ボディーカラー<トワイライト オレンジ(M)>
・メッキドアハンドル
・メッキインナードアハンドル

FF、CVT仕様のみの設定で、価格は279万円。ベースモデル「ビュート12ST」に比べ、51万1200円高となっている。

(文と写真=工藤考浩)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る