伝統工芸とコラボしたミツオカ・ビュート登場

2015.08.21 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート トヤマ」
「ミツオカ・ビュート トヤマ」
    拡大

伝統工芸とコラボした「ミツオカ・ビュート トヤマ」登場

光岡自動車は2015年8月21日、同年8月22日、23日に富山県内で開催される「第41回井波彫刻まつり」に、コンセプトモデル「ミツオカ・ビュート トヤマ」を出展すると発表した。


伝統工芸とコラボしたミツオカ・ビュート登場の画像 拡大
助手席の前に配される、井波彫刻の木製パネル。富山湾越しに見る立山連峰の景色が表現されている。制作期間は約2カ月。素材には、耐久性に優れる桜の木が使われている。
助手席の前に配される、井波彫刻の木製パネル。富山湾越しに見る立山連峰の景色が表現されている。制作期間は約2カ月。素材には、耐久性に優れる桜の木が使われている。
    拡大
運転席のそばには、木製の一輪挿しも。
運転席のそばには、木製の一輪挿しも。
    拡大
越中和紙を使用したパーセルボード。
越中和紙を使用したパーセルボード。
    拡大

ビュート トヤマは、富山の伝統工芸品を用いてインテリアを仕立てた、「ビュート」をベースとするコンセプトモデル。
具体的には、立山連峰の雄大な景色を表現した井波彫刻の木製インストゥルメントパネルと、富山の伝統工芸品である越中和紙を使用した木製の花やパーセルボードが室内に装着されている。

光岡はこのクルマで、ミツオカ車の生まれ故郷である富山県の魅力を、全国に向けて発信したいとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る