三菱、軽自動車「eK」シリーズの安全装備を強化

2014.12.04 自動車ニュース
「三菱eKワゴンG e-Assist」
「三菱eKワゴンG e-Assist」 拡大

三菱、軽自動車「eK」シリーズの安全装備を強化

三菱自動車は2014年12月4日、軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」の一部の仕様を変更し、販売を開始した。

「三菱eKスペース カスタムT e-Assist」
「三菱eKスペース カスタムT e-Assist」 拡大
「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」
「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」 拡大
「誤発進抑制機能」
「誤発進抑制機能」 拡大

■自動緊急ブレーキ搭載車を全グレードに設定

今回、「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」と「誤発進抑制機能」の2つの安全技術を採用した「e-Assist」搭載車を、eKシリーズの全グレードに設定。またe-Assist搭載車には、「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を標準装備とした。

e-Assistの機能の詳細は以下の通り。

・低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
レーザーセンサーによって前方車両を監視。約5~30km/hの低速走行中に衝突の危険を察知すると、ブザー音とメーター内の警告灯でドライバーに注意を促すとともに、自動ブレーキによって衝突を回避、または衝突被害の軽減を図る。

・誤発進抑制機能
停車時~約10km/h以下の走行時に作動。レーザーセンサーが前方(約4m以内)に車両や障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルが素早く、強く踏み込まれた際に、ブザー音とメーター内の警告灯でドライバーに注意を促す。同時にエンジン出力を抑制することで発進をゆるやかにし、衝突被害の軽減を図る。

価格はeKワゴン/eKカスタムが108万~163万1880円、eKスペースは125万9280~185万6520円。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKワゴン, eKスペース, eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る