ダーククロムが特徴の日産エクストレイル登場

2014.12.16 自動車ニュース
「日産エクストレイル20X ブラック エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”」
「日産エクストレイル20X ブラック エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ”」
    拡大

ダーククロムが特徴の「日産エクストレイル」登場

日産自動車は2014年12月16日、SUV「エクストレイル」に特別仕様車「ブラック エクストリーマーX」を設定し、2015年1月15日に発売すると発表した。

■ダークカラーの外装パーツで力強さを強調

エクストレイルの「エクストリーマーX」とは、フロントオーバーライダーやアンダーカバー、専用の大型フロントフォグランプ、アルミホイールなどでSUVらしい力強さを強調した、オーテックジャパンのカスタマイズモデルである。

今回の特別仕様車は、同車が装着するエクステリアパーツの色をダークカラーに変更するとともに、LEDヘッドランプやルーフレールなどを標準で採用したものである。

具体的な特別仕様車の装備内容は、以下の通り。
・専用ダーククロムフロントグリル
・専用ダークメタリックフロントアンダーカバー
・専用フロントオーバーライダー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用大型フロントフォグランプ&専用ダークメタリックフォグランプフィニッシャー
・専用ダークメタリックサイドアンダーカバー
・専用ダークメタリックリアアンダーカバー(ダーククロムフィニッシュ)
・専用ブラックメタリック17インチアルミホイール
・マッドガード
・専用バックドアインナーフック(1個)
・LEDヘッドランプ
・ルーフレール

ボディーカラーは「ダイヤモンドブラック」「バーニングレッド」「ブリリアントホワイトパール」「チタニウムカーキ」の全4色。

ラインナップと価格は以下の通り。
・20X ブラック エクストリーマーX(2列シート車):281万3400円
・20X ブラック エクストリーマーX(3列シート車):288万5760円
・20X ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート車):289万3320円
・20X ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(3列シート車):296万5680円

「エクストレイル20GT S」


    「エクストレイル20GT S」
    拡大

■クリーンディーゼル車のエントリーグレードを値下げ

また、現行モデルと併売を続けている先代エクストレイルのクリーンディーゼル車については、下位グレード「20GT S」「20GT S エクストリーマーX」の価格を改定。新価格での販売を開始した。

改定後の価格は以下の通り。
・20GT S(6MT):259万9560円
・20GT S(6AT):265万3560円
・20GT S エクストリーマーX(6MT):276万1560円
・20GT S エクストリーマーX(6AT):281万5560円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダe(RWD)【試乗記】 2021.1.23 試乗記 「ホンダe」が素晴らしいのは運転してワクワクできるところだ。航続可能距離の短さがデメリットのようにいわれているけれど、それこそがホンダeの持つ強みだ……と筆者は主張するのだった。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る