ボルボV70/XC70にスポーティーな特別仕様車

2014.12.18 自動車ニュース
「ボルボV70 T5 ダイナミックエディション」
「ボルボV70 T5 ダイナミックエディション」
    拡大

「ボルボV70/XC70」にスポーティーな特別仕様車

ボルボ・カー・ジャパンは2014年12月18日、ワゴン「V70」とクロスオーバー「XC70」に特別限定車「V70 T5 Dynamic Edition(ダイナミックエディション)」「XC70 T5 Dynamic Edition」を設定し、2014年12月18日に発売した。

 

今回のV70 T5 ダイナミックエディションは、新世代型の2リッター直4直噴ターボエンジンに8段ATを組み合わせる「V70 T5 SE」をベースとした、スポーティーな特別限定車。

エクステリアは、グロッシーブラック仕上げのルーフレールやウィンドウフレーム、フロントグリルリブ、テックマットブラック仕上げのロワインテーク、18インチの“Titania”ダイヤモンドカット/グロッシーブラックアルミホイールなどでドレスアップ。
ボディーカラーは、ブラックサファイヤメタリック、クリスタルホワイトパール、アイスホワイトの3色がラインナップされる。

インテリアも、オフブラックの本革にコントラストカラーステッチを施した専用シートや、アルミニウムパネル、イルミネーテッドシフトノブ(パーフォレーテッドレザー仕様)、本革巻き/シルクメタルのスポーツステアリングホイール(シフトパドル付き)、スポーツペダルなどを装備。
スポーツサスペンションも与えられる。

60台の限定で、価格は565万円。

「XC70 T5 ダイナミックエディション」
「XC70 T5 ダイナミックエディション」
    拡大

もう一台のXC70 T5 ダイナミックエディションも、新たな2リッター直4直噴ターボエンジンと8段ATを搭載。専用のスポーツサスペンションを装備する。

特別装備として、グロッシーブラック仕上げのルーフレールやトリム、ドアミラーカバー、18インチの“Freja”ダイヤモンドカット/グロッシーブラックスペシャルデザインアルミホイール、専用本革シート、アルミニウムパネル、スポーツペダルなどが与えられる。

ボディーカラーはブラックサファイヤメタリック、クリスタルホワイトパール、アイスホワイトの3色で、価格は585万円。こちらは100台限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
XC70, V70, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC70 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • ボルボXC40 T4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.3 試乗記 好評を博しているボルボのコンパクトSUV「XC40」。豊富なラインナップの中から、今回はベーシックな190ps仕様の上級グレード「T4 AWDインスクリプション」に試乗。東京-愛知を往復するロングドライブを通して、その出来栄えを体感した。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
ホームへ戻る