ボルボV70/XC70に装備充実の新グレード登場

2015.07.10 自動車ニュース
「ボルボV70 T4 Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
「ボルボV70 T4 Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
    拡大

「ボルボV70/XC70」に装備が充実した「Classic」登場

ボルボ・カー・ジャパンは2015年7月9日、ステーションワゴンの「V70」とクロスオーバーモデル「XC70」に一部改良を実施し、販売を開始した。

■サンルーフやレザーシートを標準装備

今回の改良では、両モデルともラインナップを一新。V70には「T4 Classic」「T5 Classic」の2グレードを、XC70には「T5 Classic」「T5 AWD Classic」の2グレードを設定した。いずれもセミアニリン仕上げのレザーシートや、harman/kardon製スピーカーを12基搭載したプレミアムサウンド・オーディオシステム、電動ガラスサンルーフなどを標準で装備している。

主な装備の内容は以下の通り。

V70 T4 Classic/T5 Classic
・パドルシフト
・フロント8ウェイパワーシート
・フロント・シートヒーター
・インスクリプション・パーフォレーテッド・プレミアム・ソフトレザー(フロント:ベンチレーション機能付き)
・専用スカッフプレート(フロント)
・専用フロアマット
・ダークウォールナットウッド・パネル/ロールトップ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)
・クロムトリム(フロントバンパー)
・チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ
・ルーフレール(シルバー、V70 T5 Classicのみ)
・17インチアルミホイール“Pallene”(シルバー、V70 T4 Classicのみ)
・18インチアルミホイール“Skadi”(シルバーブライト、V70 T5 Classicのみ)

XC70 T5 Classic/T5 AWD Classic
・インスクリプション・パーフォレーテッド・プレミアムソフトレザー(フロント:ベンチレーション機能付き)
・専用スカッフプレート(フロント)
・専用フロアマット
・ダークウォールナットウッド・パネル/ロールトップ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア
・チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ
・17インチアルミホイール“Valder”(シルバー、XC70 T5 Classicのみ)
・18インチアルミホイール“Leda”(シルバー、XC70 T5 AWD Classicのみ)

「V70 T5 Classic」
「V70 T5 Classic」
    拡大
「XC70 T5 AWD Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
「XC70 T5 AWD Classic」(手前)と「XC70 T5 Classic」(奥)。
    拡大

■幅広いモデルに新世代のパワーユニットを採用

パワーユニットについても大幅に変更しており、V70 T4では、これまでの1.6リッター直4直噴ターボエンジンと6段デュアルクラッチ式ATの組み合わせに代わり、新開発の“Drive-E”2リッター直4直噴ターボエンジンと6段ATの組み合わせを採用した。これにより、最高出力は190ps、最大トルクは30.6kgmと、それぞれ10ps、6.1kgm向上。燃費もこれまでより1.2km/リッター優れた14.8km/リッターとなった(JC08モード)。

一方XC70では、FFモデルのT5 Classicに最高出力245ps、最大トルク35.7kgmの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。8段ATとの組み合わせで、14.5km/リッターという燃費性能を実現している。また4WDモデルのT5 AWD Classicには改良型の2.5リッター直5ターボエンジンと8段ATを採用しており、最高出力は254ps、最大トルクは36.7kgm、JC08モード燃費は11.6km/リッターとなっている。

価格は以下の通り。
・V70 T4 Classic:559万円
・V70 T5 Classic:599万円
・XC70 T5 Classic:619万円
・XC70 T5 AWD Classic:639万円

(webCG)
 

関連キーワード:
XC70, V70, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC70 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.24 試乗記 「ボルボXC90」のクリーンディーゼル搭載車は、ガソリン車やPHVも選べるXC90において、今後メインになると期待されるモデル。その乗り味を確かめるべく、初夏を迎えた山形・庄内平野を中心にステアリングを握った。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
ホームへ戻る