ジープ・グランドチェロキーの2012年モデル発売

2011.12.02 自動車ニュース

ジープ・グランドチェロキーの2012年モデル発売

クライスラー日本は、ジープブランドのフラッグシップ「グランドチェロキー」の2012年モデルを2011年12月3日に発売する。

2012年モデルでは、従来のエントリーグレードである「ラレード」と上級グレード「リミテッド」に加え、内外装を充実させた「オーバーランド」、5.7リッターV8エンジンとクォドラドライブII 4×4システムを搭載した「オーバーランド サミット」を追加。ラインナップの拡充を図った。

最上級グレードとなる「オーバーランド サミット」は、ラジエターグリルやフロントフォグランプベゼル、デュアルマフラーカッターなど、外装にクロームパーツを多用。また内装では、ステアリングホイール、シフトノブ、ドアパネル、インストゥルメントパネルなどをブラックオリーブの本木目とレザーの組み合わせで統一することで質感を高めている。
パワートレインは、可変シリンダーシステム(MDS)付き5.7リッターV8エンジンと電子制御式5段ATとの組み合わせで、最高出力352ps/5200rpm、最大トルク53.0kgm/4200rpmを発生する。

3.6リッターV6エンジン(286ps、35.4kgm)搭載の「ラレード」「リミテッド」および「オーバーランド」は、2012年モデルよりパワーステアリングを電動油圧式に変更した。

安全装備では、雨天時にブレーキをドライに保つことで制動力を確保する「レインブレーキサポート」と、ドライバーのペダル踏み変え速度をモニターし、ドライバーのブレーキ作動をサポートする「レディアラートブレーキ」を全車に標準装備。また、5段階の車高設定が可能な「クォドラリフトエアサスペンション」は、「リミテッド」「オーバーランド」「オーバーランド サミット」に標準装備となる。

価格は以下の通り
グランドチェロキー・ラレード:398万円
グランドチェロキー・リミテッド:523万円
グランドチェロキー・オーバーランド:578万円
グランドチェロキー・オーバーランド サミット:628万円。

(webCG)

「グランドチェロキー オーバーランド」
「グランドチェロキー オーバーランド」 拡大

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • 第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ 2020.11.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、最高出力650PSを誇る最新の「ポルシェ911ターボSカブリオレ」を駆り、首都高・辰巳PAを訪れてみた。いまやそこは、オトナの走り屋たちの社交場と化しているようだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 「ジープ・レネゲード」に特別なボディーカラーをまとった限定車登場 2020.8.27 自動車ニュース FCAジャパンは2020年8月25日、ジープのコンパクトSUV「レネゲード」に専用外装色や19インチホイールなどを採用した限定車「Slate Blue(スレートブルー)」を設定し、同年9月5日に発売すると発表した。
ホームへ戻る