“最上”という名の特別な「日産シルフィ」発売

2015.01.23 自動車ニュース
「日産シルフィ G ルグラン」
「日産シルフィ G ルグラン」 拡大

“最上”という名の特別な「日産シルフィ」発売

日産自動車は2015年1月22日、4ドアセダン「シルフィ」の特別仕様車「G ルグラン」を発売した。

G ルグランは、上級グレード「G」をベースに、内外装のプレミアム感をさらに高めたとされる特別仕様車。

具体的には、以下の特別装備が与えられる。

・専用本革シート(ブラック)
・専用合皮ドアトリム(ブラック)
・専用16インチ切削光輝アルミホイール

ボディーカラーは、スーパーブラック、ブリリアントシルバー、ブリリアントホワイトパールの全3色。
ベースモデルより21万6000円高の267万4080円で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
シルフィ, 日産, 自動車ニュース

日産 シルフィ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.25 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    長年受け継いできた「ブルーバード」の名を捨て、新たな出発を切った新型「シルフィ」。「60代の男性」をターゲットに掲げ、オーソドックスなセダンの本懐を磨いたというその仕上がりを試した。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
ホームへ戻る