【上海ショー2019】日産が新型「シルフィ」を世界初公開

2019.04.16 自動車ニュース
日産シルフィ
日産シルフィ拡大

日産自動車は2019年4月16日、中国・上海で開催中の上海モーターショー(開催期間:2019年4月16日~25日)において、新型「シルフィ」を世界初公開した。

インテリアはブラック、ライトグレー、特別色のタンの3色を用意。シートにはダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれている。
インテリアはブラック、ライトグレー、特別色のタンの3色を用意。シートにはダイヤモンドカットのキルト柄があしらわれている。拡大
ボディーサイドは静止しているときでも動きを感じさせる「ダブルウェストライン」といわれるデザインを採用している。
ボディーサイドは静止しているときでも動きを感じさせる「ダブルウェストライン」といわれるデザインを採用している。拡大
リアコンビネーションライトは、日産がブーメラン型と呼ぶLED式ライトになっている。
リアコンビネーションライトは、日産がブーメラン型と呼ぶLED式ライトになっている。拡大

新型シルフィは、日産デザインを象徴する「Vモーショングリル」を採用。低重心でワイドなスタンスとともに空力性能を向上(Cd値0.26)させたエクステリアデザインと、広々として質感の高いインテリアを実現しているという。インストゥルメントパネル中央には8インチモニターを配置し、メーターパネルにはさまざまな情報を表示できる7インチの高解像度TFTモニターを採用している。

スマートフォンとシームレスにつながり、ボイスコマンド機能を採用するなどコネクティビティー性能も向上させたほか、インテリジェント トレースコントロールやインテリジェント ライドコントロール、踏み間違い衝突防止アシスト、前方衝突予測警報(インテリジェント FCW)、後側方車両検知警報(BSW)、車線逸脱警報(LDW)、後退時車両検知警報(CTA)、ふらつき警報(インテリジェント DA)など、中国市場には初投入となる最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術も採用したと日産は説明する。

パワートレインは、HR16DE型エンジンとエクストロニックCVTを組み合わせて搭載している。

(webCG)

関連キーワード:
シルフィ, 日産, 自動車ニュース

日産 シルフィ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.25 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    長年受け継いできた「ブルーバード」の名を捨て、新たな出発を切った新型「シルフィ」。「60代の男性」をターゲットに掲げ、オーソドックスなセダンの本懐を磨いたというその仕上がりを試した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
  • 日産ティアナ350JM(CVT)【ブリーフテスト】 2004.8.10 試乗記 ……362万5650円
    総合評価……★★★

    「モダン・リビング」を標榜し、低迷久しいセダン市場で健闘中の「日産ティアナ」。トップモデル「350JM」に、別冊CG編集部の道田宣和が乗った。


ホームへ戻る