Ken Okuyama仕様のジュリエッタに新モデル登場

2015.04.16 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」
    拡大

Ken Okuyama仕様の「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に新グレード登場

FCAジャパンは2015年4月16日、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」に、工業デザイナーである奥山清行氏とのコラボレーションモデル「Ken Okuyama Speciale Rossa version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ロッサ バージョン スプリント)」「Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」を設定し、販売を開始した。

「ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」
「ジュリエッタ Ken Okuyama Speciale Bianca version Sprint(ケン オクヤマ スペチアーレ ビアンカ バージョン スプリント)」
    拡大

アルファ・ロメオでは2015年1月から、ジュリエッタの「スポルティーバ」をベースに専用アクセサリーキットを組み込んだ奥山氏とのコラボレーションモデルを販売している。今回追加されたモデルは、エントリーグレードの「スプリント」をベースに同様のアクセサリーキットを組み込んだものである。

アクセサリーキットの内容は以下の通り。
・KEN OKUYAMA DESIGNオリジナルホイール k.o.002
・ステンレス鏡面仕上げKen Okuyamaエンブレム
・ボディーストライプ
・ミラーカバー
・ホイールセンターキャップ
・18インチタイヤ

※ボディーストライプやホイールセンターキャップ、ミラーカバーについては、RossaとBiancaでデザインが異なる。

価格は374万7600円。

(webCG)

関連キーワード:
ジュリエッタ, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ ジュリエッタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)【レビュー】 2016.2.12 試乗記 新旧の「ジュリエッタ」に、共通する味わいはあるのか? 初代のオーナーだったリポーターが、ミドシップスポーツ「4C」のエンジンを受け継いだ高性能グレード「クアドリフォリオ ヴェルデ」で軽井沢を目指した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る