専用外装&本革シートの日産エクストレイル登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド」
「日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド」
    拡大

専用外装&本革シートの「日産エクストレイル」登場

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2015年7月6日、SUV「エクストレイル」のカスタマイズモデル「モード・プレミア」を発売した。

今回設定されたモード・プレミアは、「20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」「20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」をベースに、専用の仕様の内外装を採用したものである。

エクステリアでは、専用デザインのフロントバンパーの採用や、車体下部やホイールアーチをボディーカラーと同色化することにより、都会的なイメージを強調。一方インテリアでは、ストーンホワイトとブラックを組み合わせたツートンカラーの本革シートを採用。インストゥルメントパネルやドアトリムにはアルミ調フィニッシャーを施している。

これらを含む主な特別装備は以下の通り。
・LEDヘッドランプ(ハイブリッド車はベース車に標準装備)
・専用フロントバンパー
・専用LEDデイタイムランニングライト(ハイブリッド車に標準装備、ガソリン車にオプション設定)
・フォグランプ
・専用フルカラードエクステリア(カラードホイールアーチガーニッシュ、カラードドアモール、カラードサイドシルガーニッシュ、フルカラードリアバンパー)
・専用デュアルエキゾーストマフラー
・専用18インチアルミホイール
・225/60R18タイヤ
・専用ハイコントラストレザーインテリア(ストーンホワイト/ブラック本革コンビシート、アルミ調フィニッシャー)

ボディーカラーは「ブリリアントホワイトパール」「ダイヤモンドブラック」「バーニングレッド」「スチールブルー」「ダークメタルグレー」の全5色。価格は以下の通り。

・モード・プレミア(FF/2列シート):285万7680円
・モード・プレミア(FF/3列シート):295万1640円
・モード・プレミア(4WD/2列シート):306万3960円
・モード・プレミア(4WD/3列シート):315万7920円
・モード・プレミア ハイブリッド(FF/2列シート):325万2960円
・モード・プレミア ハイブリッド(4WD/2列シート):345万9240円

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 「日産キックス」新登場で国内のコンパクトSUV市場はどう変わる? 2020.7.3 デイリーコラム コンパクトSUVのニューモデル「日産キックス」が国内でデビュー。それで、過密状態の市場はどう変わる? ライバルと目される人気車種との比較を含め、戦線への影響について識者が語る。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • マツダが「デミオ」「ベリーサ」を対象に後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制装置」を発売 2020.7.6 自動車ニュース マツダは2020年7月6日、「デミオ」および「ベリーサ」を対象とした、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付け安全装置の販売を開始した。満65歳以上のユーザーが同装置を購入・取り付ける場合「サポカー補助金」制度の対象となる。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
ホームへ戻る