VWゴルフヴァリアントの装備が充実

2015.07.28 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントR-Line」 拡大

フォルクスワーゲン、「ゴルフヴァリアント」の装備をアップグレード

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年7月28日、「ゴルフヴァリアント」の一部装備を見直し、販売を開始した。

 

今回、ゴルフヴァリアントの各モデルについて、インフォテインメントシステムや安全装備の充実が図られた。

主なアイテムは、以下の通り。(カッコ内は対象となる車種)
・App Connect+MEDIA-IN:(「TSI コンフォートライン」「TSI ハイライン」「R-Line」に標準装備)
・MirrorLink(「ゴルフR ヴァリアント<以下R>」に標準装備/R 以外の全車にオプション設定)
・リアビューカメラ“Rear Assist”(TSI ハイライン、R-Lineに標準装備)
・ブラインドスポットディテクション(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・リアトラフィックアラート(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)

・パークディスタンスコントロール+オプティカルパーキングシステム(TSI ハイライン、R-Lineにオプション設定)
・バイキセノンヘッドライトパッケージ(TSI コンフォートラインにオプション設定)
・電動パノラマスライディングルーフ(Rにオプション設定)

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ゴルフヴァリアントTSI コンフォートライン:289万9000円
・ゴルフヴァリアントTSI ハイライン:348万7000円
・ゴルフヴァリアントR-Line:369万1000円
・ゴルフR ヴァリアント:559万円

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフヴァリアント, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.14 試乗記 「ゴルフ」に続いて新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。ハッチバックと同様に装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、ボディーがより長く広くなっているのが特徴だ。果たしてその仕上がりは?
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント 2021.7.28 画像・写真 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」が日本上陸。装備のデジタル化とパワートレインの電動化が進められただけでなく、全長とホイールベースを拡大してステーションワゴンとしての使い勝手も強化されている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント」発売 ホイールベース拡大でより長く広く 2021.7.28 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンがステーションワゴン「ゴルフヴァリアント」の新型を発売。装備のデジタル化やパワートレインのデジタル化を進めたほか、ホイールベースとボディー全長の拡大によって室内の快適性や積載性も強化している。
ホームへ戻る