ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に

2015.09.02 自動車ニュース
新型「ミツオカ・ガリュー」と光岡自動車の光岡章夫代表取締役社長。
新型「ミツオカ・ガリュー」と光岡自動車の光岡章夫代表取締役社長。
    拡大

ミツオカの最上級セダン「ガリュー」が新型に

ミツオカ自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「Galue(ガリュー)」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。

■ベース車を変えつつ、伝統のスタイリングを継承

ガリューは日産自動車の「フーガ」や「ティアナ」などをベースに、光岡自動車が独自のカスタマイズを施した4ドアセダンである。今回の新型は5代目のモデルにあたり、ベース車には3代目の日産ティアナを採用している。

エクステリアデザインについては、「(これまでの)コンセプトや名前が何だったのかというくらい変わってしまうモデルチェンジは、私たちのお客さま(の心)には届かない」(開発責任者の青木孝憲氏)との理由から、初代モデルから受け継がれてきた基本的なイメージを踏襲。大型のフロントメッキグリルと真円のヘッドランプを組み合わせた、クラシカルなフロントマスクを特徴としている。

ボディーカラーは「ダイヤモンドブラック」「ブリリアントホワイトパール」「ラディアントレッド」「ウォーターフォールブルー」「ダークメタルグレー」「ブリリアントシルバー」の6色。このうち、ダイヤモンドブラックとブリリアントホワイトパールについては8万6400円の有償色となる。

ラインナップは「25ST」「25DX」「25LX」の3種類。最上級グレードの25LXには本革シートを採用しており、また予防安全装備として、エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストを25DXと25LXに標準で、25STにオプションで搭載している。

パワーユニットはいずれも2.5リッター直4ガソリンエンジンで、トランスミッションはCVT、駆動方式はFFのみの設定となる。

価格は以下の通り。
・25ST:386万6400円
・25DX:429万8400円
・25LX:464万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ガリュー, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ガリュー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • 光岡「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジ 2019.1.17 自動車ニュース 光岡自動車は2019年1月17日、コンパクトモデル「ビュート」「ビュートなでしこ」をマイナーチェンジし、同年1月20日に発売すると発表した。今回のマイナーチェンジでは、人気の高かった外装色の標準化や、内装のメーカーオプション設定を見直している。
  • 宝石のエンブレムをもつミツオカ、発売 2012.3.9 自動車ニュース 光岡自動車は2012年3月9日、装飾用素材「京都オパール」をエンブレムにあしらった、2種類の特別仕様車「ビュート ジュエル」と「ガリュークラシック ジュエル」を発売した。
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
ホームへ戻る