左ハンドルで3.5リッター 特別な仕立ての「ミツオカ・ガリュー」限定発売

2021.07.08 自動車ニュース webCG 編集部
ミツオカ・ガリュー350リミテッド
ミツオカ・ガリュー350リミテッド拡大

光岡自動車は2021年7月8日、フラッグシップセダン「ガリュー」の限定車「ガリュー350リミテッド」を発表した。抽選により、1台の台数限定で販売する。

 
左ハンドルで3.5リッター 特別な仕立ての「ミツオカ・ガリュー」限定発売の画像拡大
 
左ハンドルで3.5リッター 特別な仕立ての「ミツオカ・ガリュー」限定発売の画像拡大
 
左ハンドルで3.5リッター 特別な仕立ての「ミツオカ・ガリュー」限定発売の画像拡大
 
左ハンドルで3.5リッター 特別な仕立ての「ミツオカ・ガリュー」限定発売の画像拡大

ガリューは、L33型「日産ティアナ」をベースに、ミツオカ独自のカスタマイズを施した4ドアセダン。“ガリューV”と呼ばれる最新世代のモデルは2015年9月にデビューし(関連記事)、2020年5月に生産を終了した。

ミツオカによれば、その後、ガリュー復活を望む声が多く寄せられ、「左ハンドルのミツオカ車」に対するニーズもあったことから、カタログモデルにはなかった左ハンドルのガリューを製作することになったという。

車名に「350」とある通り、エンジンは従来の2.5リッター直4とは異なる3.5リッターV6ユニット(最高出力274PS、最大トルク340N・m)。今回の限定車は、光岡自動車の米国現地法人であるミツオカモータースアメリカから供給された北米仕様の「日産アルティマ3.5 SL」(2016年モデル)がベースとなっている。

価格は638万円。

購入申し込みの受け付けは、同社のオフィシャルサイトにおいて2021年7月8日から同年8月31日までの期間限定で行われ、応募者が20人に達した時点で終了となる。応募者が複数の場合は、抽選のうえ当選者を決定するという。

なお上記期間中、ガリュー350リミテッドの実車は、東京・港区のMITSUOKA麻布ショールームに展示される。

(webCG)

関連キーワード:
ガリュー, ミツオカ, 自動車ニュース